リプロスキン

肌荒れで最も悩むのがニキビです。子供も大人も出来てしまうニキビには様々な種類があり、治し方や治るまでの期間はそれぞれ違います。ただどんなニキビにも共通していえるのは早く治して跡を残したくないということです。

以前ニキビの種類については以下の記事にてご紹介しましたのでこちらをご覧ください。今回使ってみたリプロスキンは基本的にどの種類のニキビにも、そしてニキビ跡にも効果があるタイプですので使用しながら経過を見ていきたいと思います。
(→ ニキビ跡の赤みとレーザー治療の効果や費用と回数

そもそもニキビはなぜできる?

詳しい説明はさきほどのURLを参照していただくとして、ニキビの原因はアクネ菌が過剰に増えることにより脂肪酸やグリセリンが毛穴で多く生成されることです。健常な肌でもアクネ菌が脂肪酸やグリセリンを作りますが、あまりにも多くつくられるとニキビになります。

軽度のニキビ(白ニキビ)であればこれを潰してしまってもニキビ跡にはなりにくいですが、できたニキビのケアをせずに放置しておくと黄色ニキビや赤ニキビのような炎症型のニキビに発展してしまう可能性もあります。

 

炎症型のニキビは治りにくい

黄色ニキビ、赤ニキビのような炎症ニキビを経験された方はご存知だと思いますが、これらは触れると肌の奥の方まで痛みが走ることがあります。それだけ深い位置まで炎症が広がっており、そうなると完治まで時間もかかります。

またヒトの身体は炎症が起こるとそこへシミの原因のメラニン色素が放出される可能性が高く、炎症ニキビが長引けば長引くほどそこへメラニンが集中しやすくなります。これがニキビ跡のシミとなりニキビの二次的な肌トラブルです。

 

炎症型のニキビを治すには

赤ニキビ

炎症は菌などが細胞を壊す、あるいは侵入した菌を撃退するために細胞たちが犠牲になることで起こる現象です。つまり炎症中はまだ菌が肌内部で活動している状態なので、炎症ニキビを治すには抗菌や殺菌作用のある成分(アルコールなど)で菌の排除を手助けするのが適切です。

今あげたようにマキロンなどのアルコールで殺菌する方法もありますが、オロナインで対処することも可能です。オロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液が含まれており、これは殺菌・抗菌だけでなく炎症を落ち着かせる抗炎症作用もあるからです。

ただしオロナインが効果的なのは炎症ニキビ(黄色ニキビ、赤ニキビ)だけです。白ニキビや黒ニキビにオロナインを使用してもほとんど効果がありませんのでご注意を。

 

リプロスキンの配合成分も炎症に作用

ニキビ用化粧水なので当たり前ですが、リプロスキンに配合されている成分のいくつかは炎症に作用するものです。有効成分として表示されているグリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスも抗炎症作用を持っており、ニキビ化粧品にはお馴染みの成分です。

 

e391

グリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタエキス

精製水、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、クエン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム2、加水分解ヒアルロン酸、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、大豆リン脂質、香料、スクワラン、D-マンニット、グルコン酸ナトリウム、クエン酸、ワルテリアインディカ葉エキス、デキストリン、フェルラ酸、1.3-ブチレングリコール、コラーゲン・トリペプチドF、海藻エキス1、ソルビン酸カリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、アマチャヅルエキス、コメヌカエキス、アロエエキス2、ゼニアオイエキス、酵母エキス3、水溶性コラーゲン液4、ダイズエキス4

ここではニキビ改善や美肌効果がある成分のみを当方の独断と偏見で挙げてご紹介したいと思います。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

先ほども紹介したようにグリチルリチン酸ジカリウムはニキビ様化粧品にはほとんど入ってる成分です。ニキビの炎症を抑えるための抗炎症作用があるため、できてしまった炎症ニキビをこれ以上広げないよう機能してくれます。

化粧品だけでなく医薬品でも使用されるほど効果の高成分ですが、即効性があるわけではないのである程度しながら肌の様子を見る必要があります。ニキビ以外にもアトピー、肌荒れ、痒みなどにも作用します。

 

水溶性プラセンタエキス

プラセンタエキスは馬や豚などの胎盤から抽出したクオリティ高いエキスで、アミノ酸やビタミン、酵素などが非常に豊富に含まれています。お肌に塗ると代謝の促進やシミの原因になるメラニンの生成を抑止する効果があります。

また皮膚内に存在する活性酸素(赤ニキビの原因にもなる物質)を除去する抗酸化作用があります。活性酸素はニキビを発生させるだけでなくシミやシワの原因にもなりますので、これを除去するプラセンタひとつで多くの美容効果を得られます。

 

ヒアルロン酸ナトリウム2、加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸ナトリウムと言えば保湿成分として有名で、ヒアルロン酸ナトリウム2や加水分解性のものは通常のヒアルロン酸を低分子化したものを指します。低分子化により角質層へ浸透してこの層の保湿に作用します。ただし角質層よりも奥の真皮には届きません。

角質層は水と脂によって保湿され肌のバリアが作られており、どちらかが不足するとその機能は弱まってしまいます。そこで角質層へヒアルロン酸ナトリウム2と加水分解ヒアルロン酸を届けて保水力を高めバリア機能が弱まるのを防止します。

 

クエン酸

クエン酸は酸性の示す成分で、これを利用して肌の表面にできた古い角質を剥がす作用(ピーリング)があります。また酸性ゆえニキビの原因菌やその他の雑菌の殺菌効果も期待できるためニキビ用化粧品でも使用されます。

どちらかと言えばピーリングの作用を期待して使用されることが多く、ニキビの場合では古い角質層に潜んでいるアクネ菌やその他雑菌をそれと一緒に剥がしてしまうことで、肌の健康を取り戻すと言う形になります。

 

コメヌカエキス

化粧品では非常によく使用されるコメヌカエキスには抗酸化作用や血行促進皮、膚細胞活性作用、収れん作用(細胞を変性させて毛穴を引き締める作用)、紫外線防御効果などがあり美容にとって大変優秀な成分です。

ニキビの原因は菌によるものもありますが、一方で紫外線を受けて皮膚内の成分が炎症の原因になる活性酸素へと変身することも挙げられます。コメヌカエキスでは紫外線防御効果もあるためその予防にもなります。

 

アロエエキス2

アロエと言えば火傷をしたときに肌に塗るイメージで、黄色ニキビや赤ニキビも火傷と同じ炎症のひとつなのでアロエが改善に作用します。菌を除去する殺菌作用、炎症を抑える抗炎症作用、炎症で傷ついた肌を修復する作用などがあります。

またアロエにはアロエシンというニキビ跡のシミ(炎症性色素沈着)の発生を防ぐ効果もあります。ニキビ自体に作用しつつ治ってからも跡を残さないように作用する成分ですのでニキビ用に限らず化粧品には非常によく使用されます。

 

成分から見るリプロスキンのコンセプト

少しだけ成分の詳細を見ましたが、リプロスキンのコンセプトはすでにお分かりの通りニキビでダメージを受けた皮膚を修復することです。リプロスキンの公式サイトでもみかん肌やリンゴ肌をもちっとした肌へ導きます。

 

ニキビを治す効果はあるのか

ニキビ跡に効く化粧水として作られているリプロスキンは、現在発生中のニキビを治すことができるのでしょうか。

たしかに抗炎症作用、ピーリングを促す成分や殺菌効果のある成分が配合されていますが、これらがあるから必ずニキビが治るとは言い切れません。ニキビは菌や皮脂だけでなく生活リズムやホルモン分泌も影響してきます。

したがって、リプロスキンを使用すれば治るかは明確に答えられません。リプロスキン一つで治る人もいれば治らない人もいるでしょう。ただ、成分自体はしっかりとしているのでニキビ跡改善だけでなく美容化粧水としても使えます。

 

早速リプロスキンを使用

リプロスキン 宅配

こちらが待ちに待ったリプロスキンです。注文してから2日ほどで届きましたので発送はそこそこ早いのではないでしょうか。梱包は写真のように株式会社ピカイチ専用の箱で送られてきました。特に怪しいものでもなんでもないので何も問題ありません。

 

リプロスキン

中身を空けるとピカイチの広告と商品が入っています。ピカイチ通信の他にリプロスキンを使ったユーザーさんの声や、他の商品の紹介などがありました。基本的に捨てても良いものばかりですが、興味がある方は目を通しておくと良いと思います。

 

リプロスキン 発送

こちらがリプロスキン本体です。化粧品の容器が少し内側に沿った円柱の形でお洒落です。時々化粧品の他に専用のコットンやおまけでパックなどがついている商品もありますが、こちらの商品に関しては本体のみです。

 

リプロスキンの使用感

リプロスキン 口コミ

リプロスキンは化粧水らしい化粧水で、とろみや伸びなどはほとんどなく通常の液体です。つまり非常にしっとりとしているので付けた後のベタつきがなく、しっとりとした感触を重視される方には相性がいいのではないでしょうか。

 

リプロスキン 使用

手の甲にリプロスキンを取ってみました。とろみがあるタイプならば液体がもう少しふっくらと写るはずですがそれがありません。伸びがない分手に取る適量は500円玉くらいだと思います。繰り返し2回つけるのがいいでしょう。

 

リプロスキンの香り

成分に香料が配合されているため無香料ではありません。ただ、だからと言ってきつい香りがするわけでもなく控えめで上品なさわやかさです。甘い香りではなく、どちらかというと清涼感のある感じで男女ともに好まれる香りだと思います。

香料に関しては肌の美容とは一切関係のない成分です。しかしこの成分だけで肌に刺激になるとは考えにくいですので、香料については特に気にする必要はありません。使用の度にさわやかな香りを楽しんでください。

 

リプロスキンを使用した感想

化粧水と言うことで非常にしっとりとしていてベタつきがなく使いやすです。またほんの少し清涼感のある香りがするので肌に付けていて心地いいです。化粧品の使用感を重視されえる方にとっては相性がいいと思います。

また、リプロスキンを使用した後は肌がもっちりとした印象です。翌朝になるとまたなんとなく元に戻っている感じもしますが、今後使い続ければそのもっちりとした状態が続くのではないかと思います。気長に使い続けてまたご報告します。

 

リプロスキンの使用をおすすめしたい方とは

リプロスキンはニキビ用化粧水なので、ニキビの悩みを持つ方におすすめできます。

  • ニキビ跡の黒ずみに悩んでいる
  • ニキビ跡のクレーターに悩んでいる
  • 小さいニキビができやすい
  • ニキビ跡による毛穴が気になる
  • オイリー肌

 

現在ニキビで悩んでいる方もリプロスキンの使用で一定の改善効果があるかもしれません。ただしリプロスキンはあくまでも化粧水のため、他のニキビ用医薬品と合わせて(補助的役割で)普段の生活で使用することをおすすめします。

もちろんニキビがない方がニキビ予防として使用するのもOKです。抗菌・抗炎症・美容成分も配合されているので問題ありません。特に毛穴の開きや黒ずみはニキビ跡でなくても気になるものなので、一度リプロスキンを試してみてはいかがでしょうか。

 

リプロスキン使用前のお肌(ニキビ跡)

今回リプロスキンを使用するにあたってニキビとニキビ跡があるおでこの様子を観察してみます。にニキビが出来ていたり、ニキビ跡の色素沈着が目立ちわりと凸凹で、リプロスキンでどこまでこれが改善するでしょうか。

使用は1日2回、朝の洗顔後とお風呂上がり後です。リプロスキンの使用後は保湿剤を塗りますが、こちらはニキビ専用のものではなく単なる保湿クリームです。リプロスキンだけでどこまで効果があるのかを見てみたいと思います。

1日に2回の使用でもつ期間は1.5月くらいだと思います。ニキビの改善は早いと1、2週間もあれば十分ですが、ニキビ跡に関してはターンオーバーによる色素の除去も必要になるので1か月ほどかかるでしょうか。

リプロスキンを使ってニキビとニキビ跡がどの程度改善したかの経過はまた随時追記していきたいと思います。

 

正しい洗顔方法とリプロスキンの使い方

e398

さて、いくら良い化粧水を使っていても間違った洗顔の方法を行っていてはいつまでたってもニキビは治りません。逆に、正しくない方法で洗顔を行うと肌荒れに発展する可能性もあるのをご存知でしょうか。

ここではリプロスキンの効果を最大限引き出すために正しい洗顔方法とリプロスキンの使い方についてご紹介します。特に洗顔やリプロスキンの他に必要なものはありませんので、ぜひ明日から実践してみてください。

1.洗顔前にお湯(水)で顔をよく洗う

実はお湯(水)洗いだけの洗顔でも顔の汚れのほとんどが落ちると言われています。顔の汚れとはほこり、皮脂、汗、雑菌、古くなった角質などです。お湯洗いだけでこれらを完全に取り切れるわけではありませんが、十分清潔になるレベルにまで取れます。

最近はお湯だけ洗顔でクレンジングや洗顔料で一切肌に刺激を与えずに済ませる人もいます。本来肌にとって必要な皮脂や常在菌を取り過ぎることなく洗顔できるのです。できれば37度前後お湯で行いたいですが、できない場合は水でも結構です。

 

2.洗顔料をよく泡立てる

お湯洗いが完了しましたら次に洗顔料を取りよく泡立てます。ポイントは洗顔料を細かい泡にすることで汚れを吸着しやすくする点です。細かい泡を作るには泡立てネットが有効で、お持ちでない場合は100円均一で購入するといいでしょう。

泡立てネットがあればほんの少しの洗顔料で非常によく泡立つので、お使いの洗顔料を長持ちさせることもできます。

 

3.泡を転がす

いよいよ泡を顔に付けて洗いますが、この時注意したいのはゴシゴシと力を入れて洗わないことです。実は力を入れて洗っても、力を入れずに洗っても取れる汚れの量は変わりません。むしろ力を入れると肌の表面が傷つき肌荒れの原因になります。

そのため泡を転がすようにして洗います。この時手と顔の肌を一切触れないくらいに力を抜いても構いません。これでは洗っている実感がわかないかもしれませんが、泡がしっかりと汚れを吸着して肌を綺麗にしてくれています。

 

4.できれば1分以内に洗い落とす

洗顔料と言ってもやはり肌に刺激になる成分が含まれています。洗顔は長い時間かけてあれば洗うほど洗うほど汚れが取れるわけでなく、泡をほんのひところがしすればほとんどの汚れが取れています。

そのため長時間泡を顔に付けている必要はありません。あまり長い時間泡を付けていると肌の角質層内の水分を奪い肌荒れにつながります。そうなってしまっては本末転倒なので、泡を付けてから30秒から1分以内に洗い終わり、お湯で流しましょう。

 

5.すすぎは十分に

洗顔で最も重要なのはすすぎです。すすぎが不十分だと洗顔成分が毛穴などに残り過剰な角栓や肌荒れの原因になります。先ほども言ったように洗顔料自体、肌への刺激になるため洗った後は綺麗に落とす必要があります。

具体的にはお湯(水)を手に取り泡を隈なくすすぎ落とします。見た目で泡が落ちたと思っていても肌にはまだ成分が残っていることがありまので、25~30回ほどお湯ですすぎます。回数が多くて大変ですが美容のためにがんばります。

 

6.タオルで優しくふき取る

十分にすすぎ落としましたらあとは水滴をふき取るだけです。ここでも肌を傷つけないようにタオルでぽんぽんと軽くたたくようにします。力を入れてふき取ると肌理が荒れてしまいます。水滴が取れたなと思ったらこれで完了です。

 

リプロスキンの使用は手でもコットンでもOK

リプロスキン 洗顔

化粧水を使用する際直接手に取って顔につけるケースと、コットンにとってから肌につけるケースがありますがどちらでも結構です。どちらの場合も手・コットンを清潔にしてリプロスキンを付けるようにしましょう。

手で付ける場合、手の温度と肌の温度で化粧水が蒸発しやすく十分に成分が肌に塗れないため、できれば10円玉・500円玉程度を手に取り2、3回ほど肌に付けます。重ね塗りすることで、その分化粧水が皮膚に浸透します。

 

保湿クリームを使っても大丈夫

リプロスキンを肌に付けた後に保湿クリームを付けても大丈夫です。あるいは炎症ニキビを治すためにリプロスキンを付けた上からオロナインなどの軟膏剤を使用しても問題ありません。

 

→ リプロスキン|公式サイト