パラベン 化粧品

最近、パラベンフリーやパラベン無添加化粧品という言葉をよく耳にしませんか。

化粧品の容器などにもパラベンフリーをアピールするシールなどがはられているのを見かけることがあると思います。

パラベンフリーやパラベン無添加ということは、パラベンという物質が含まれていないもしくは使用していないということを強調していることになりますが、パラベンとはいったいどういう成分なのでしょうか。

パラベンを入れていないとわざわざ強調するほどパラベンは肌に悪い影響を及ぼす物質なのでしょうか。

 

今回は悪者扱いされているパラベンについて注目していきましょう。

パラベンの特徴を理解し、化粧品選びの参考にしていただければと思います。

パラベンとは

パラベンとは正式名称をパラオキシ安息香酸エステルといいます。

化粧品に配合される目的としては抗菌性能が高いため、防腐剤としての役割を期待されているからです。

防腐剤としては他にもフェノキシエタノールや1.3-プチレングリコールやヒノキチオールやエチルヘキシルグリセリンやアルコールやオイルなどがありますが、パラベンはもっともポピュラーな成分であり幅広い分野で配合され使用されている成分のひとつといえるでしょう。

パラベンの特徴

パラベンの特徴としては

  • 広範囲の微生物に対して抗菌力がある
  • 毒性が低い
  • 安全性が高い

があげられます。

 

抗菌作用はありますが、殺菌作用があるわけではありません。

抗菌作用を利用して防腐剤として化粧品に配合されています。

そのために化粧品は長期保存が可能となっているのです。

 

パラベンは安全性が高く長期にわたり品質の安定性にも優れているので、化粧品だけでなく食品や飲料水や医薬品などにも使用されています。

安全性が高いという根拠としては数多くの実験結果からみても明らかです。

ラットや犬に長期間にパラベンの投与を続けても中毒症状の発生がなく腫瘍や血液異常もなく主要臓器にも病理的な異常もなかったことが証明されています。

もちろん死亡率にも異常は表れませんでした。

また、人の皮膚にパラベンを塗布した実験においても繰り返し行っても異常がみられなかったと報告されています。

http://www.jpec.gr.jp/detail=normal&date=safetydata/ha/dapa2_ff.html

 

パラベンが悪しき者であるという情報は間違いで、安全性の高い成分であるといえます。

パラベンが化粧品に良く配合される理由

パラベンがよく用いられる理由としていくつか考えられます。

  • 少ない含有量でも高い効果を発揮する
  • pHに左右されない効果が期待できる
  • 水溶性であり皮膚への刺激も少ない
  • 長期にわたり防腐剤としての効果が継続する

などが使用される理由です。

 

化粧品に含まれるすべての成分の含有量は厚生労働省が定める化粧品基準によって決まられます。

化粧品基準は配合しても良い最大量が記載されている表となります。

この化粧品基準を超えて配合することは許されず、もちろん基準に記載のない成分を配合することも許されません。

パラベンの化粧品基準での使用上限は1%とされており、通常の多くの化粧水では0.15%から0.3%、乳液やクリームでは0.4%から0.5%の配合率となっています。

 

ちなみに他の防腐剤の一般的な化粧品における配合割合をみてみると

  • フェノキシエタノールは4%
  • 1.3-プチレングリコールは10%
  • フェノキシエタノールと1.3-プチレングリコール併用の場合はそれぞれ4%から5%
  • アルコールは10%

となり、この割合を配合しなければ防腐効果が期待できないとされています。

 

パラベンの配合率が他の防腐剤に比べてかなり低いことがおわかりいただけるでしょう。

 

またパラベンは、pHに左右されないということはどういうことなのでしょうか。

pHとは水溶液がどのような性質かということを表す単位です。

0から14までにわけられており、中間の7であれば中性となり7よりも数値が小さくなると酸性、7よりも大きくなるとアルカリ性であるといわれています。

パラベンは配合される化粧品がアルカリ性のものであっても酸性のものであっても効果は変わりません。

パラベンの種類は

パラベンにはいくつかの種類があります。

その中でも

  • プチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • エチルパラベン
  • メチルパラベン

の4種類が化粧品や食品や医薬品によく用いられる成分です。

 

この4種類のパラベンの大きな違いは抗菌力の高さで、一番抗菌力が高いのがプチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンの順に低くなっていきます。

それぞれ一種類だけでももちろん効果がありますが、複数を合わせて配合する場合もあります。

複数配合された場合は成分表示上それぞれの名称は記載されず、まとめてパラベンとだけ記載されていることが多いようです。

パラベン配合の化粧品はダメなのか

パラベンが化粧品に配合されるのは防腐剤としての役割があるのは前述のとおりです。

そもそもパラベンなどの防腐剤が化粧品に配合される必要性はあるのでしょうか。

まずは防腐剤配合理由についてみていきましょう。

化粧品に防腐剤が必要な理由

化粧品が工場で作られる際はもちろん微生物や菌の混入を防ぐように製造されますが、消費者の手に渡りふたを開けた時から空気中にある細菌や微生物が入る可能性があります。

また化粧水や乳液などを手に取ったときに皮膚についていた菌が化粧品の中に入り込む可能性もあります。

菌や微生物が化粧品入り込むことで変質し腐ったり変色したり異臭を放つことがありますし、空気に触れるだけで酸化してしまうのです。

腐敗や酸化などが起こらないようにするために防腐剤が必要となるのです。

 

一度腐敗してしまった化粧品は元の清潔な状態には戻りません。

まして防腐剤が入っていない化粧品であれば腐敗はまたたく間に進行していくのです。

腐ってしまったりカビが生えてしまっているような化粧品を使うとどうなるでしょう。

ご想像のとおり化粧品は肌に刺激のあるものへと変化しており肌が荒れを起こしたり肌トラブルが起こる可能性があります。

 

ちなみに水道水や市販のミネラルウォーターであってもそのまま何日も置いておくと腐っていきます。

これは常温保存であっても冷蔵庫で保存していても冷蔵庫保存の方が腐敗スピードが遅くなるものの、どちらにしても腐ってしまいます。

化粧品には様々な成分が含まれている上に常温での保管が多くなります。

配合される様々な成分は細菌のえさとなり菌が繁殖しやすく、常温では菌が活発に働くため腐敗スピードも早くなります。

化粧品を安全に長期にわたって使用するために防腐剤は配合されているのです。

なぜパラベンが悪いといわれているのか

化粧品には1回ごとの使いきりタイプや真空密閉タイプなどの特殊なものを除いて防腐剤が不可欠であるということがおわかりいただけたと思います。

 

ではパラベンは毒性も低く安心できる上に少量配合で効果が発揮できる成分であるにも関わらず、なぜパラベンが配合されているものは悪しき者だという情報が出まわっているのでしょうか。

そこには1980年厚生労働省が定めた表示指定成分というものが関係しています。

表示指定成分というのは使う人によっては皮膚障害や肌トラブルが起こる可能性がある成分や物質のことで、この表示指定成分と定められた成分については商品に成分の表示が義務付けられたのです。

パラベンも表示指定成分に指定され、化粧品に表示されていたのです。

 

1980年当時は現在のように化粧品については配合成分について全てを記載するという決まりはなかったため、問題が発生する可能性がある成分だけを記載するように決められていたのです。

つまり表示指定成分として記載された成分は要注意成分であったわけです。

2001年に厚生労働省が全成分記載を義務付けるまでの間、パラベンは要注意成分として記載され続けたわけです。

そこから悪しき者であるという位置づけがなされたようです。

1980年当時はパラベンもアレルギーを起こす可能性があったかもしれませんが、技術も進歩し現在では安全性が確立された物質として多くの分野で使用されています。

パラベンフリーとはどういうことか

パラベンフリーとは悪者とされてしまったパラベンを配合していない化粧品ということになります。

しかしあくまでパラベンが配合されていないだけで防腐剤が入っていないというわけではなく、パラベン以外の防腐剤が配合されているという場合が多いのです。

 

例えばパラベンフリーでしかも天然由来成分配合といううたい文句で販売されている商品をみたことがあると思います。

これはパラベンは使わずに天然由来成分の防腐剤を使用していますということになります。

天然由来成分と聞くと肌に良さそうだなという印象を持つ人が多いでしょう。

 

しかし、落とし穴もあるのです。

天然由来成分の防腐剤として代表的なものがフェノキシエタノールで緑茶由来成分になります。

このフェノキシエタノール単体では防腐効果が低いため、パラベンと同様の効果を得るためにはパラベンの約3倍の配合量が必要となります。

たくさん配合されると毒性も強くなりますので、結果オススメできない化粧品となります。

天然成分であっても肌にとって有害となってしまう成分であれば意味がないことになってしまいます。

 

ここで参考までにその他の防腐剤についても特徴をみてみましょう。

1.3-プチレングリコール

保湿効果が高いため乳液やクリームによく用いられる成分です。

防腐効果を得るためには1.3-プチレングリコール単体使用であれば10%以上の配合が必要となります。

配合割合が高くなるため皮膚が弱い人は肌荒れなどの症状が出る場合があります。

成分表示上、省略して1.3BGと記載されることも多い成分です。

フェノキシエタノール

食品や化粧品などによく使用される成分です。

単体でも使用され前述のとおり4%以上の配合でなければ効果が得られないため肌の弱い人は使用について注意が必要です。

単体使用だけでなく1.3-プチレングリコールやパラベンともそれぞれ組み合わせて配合されることも多い成分です。

アルコール

無添加化粧品に防腐剤としてよく使用されています。

防腐剤として機能するためには10%以上配合しなくてはいけませんので、肌の弱い方にとっては注意した方がよい成分です。

 

完全に防腐剤フリーや防腐剤無添加の化粧品はどうでしょう。

防腐剤が全く配合されていないということは、パラベンなどの防腐剤から受けるアレルギーの危険性は回避できますが、ふたを開けた瞬間から腐りやすくなるという大きなリスクがあります。

腐敗したりカビが生えた化粧品を肌に塗ることは大変危険で肌トラブルの原因となります。

防腐剤無添加の化粧品を購入した場合は早く消費するようにしましょう。

パラベン配合とフリーのどちらを選ぶべきか

パラベンの特徴などについてみてきましたが、パラベンが悪しき者という情報は間違いであったことがおわかりいただけたと思います。

ただし、肌が弱い方やアレルギー体質の方にとっては全く影響が出ないというわけではありません。

他の防腐剤を使用した化粧品よりは防腐剤としての刺激は弱いため、防腐剤のみの観点から化粧品をみるならば、パラベン配合の化粧品はやはりオススメできるといってよいでしょう。

もちろん防腐剤から受ける影響を失くすためにパラベンフリーというよりは防腐剤フリーの化粧品を選択する方法もありますが、腐敗を防いでくれるという機能がなくなりますので使用方法を考えたり容器を小ぶりのものにして早めに使い切るなどの工夫が必要でしょう。

 

腐敗してしまった化粧品を肌の弱い方が使用する方がパラベン配合化粧品を使用するよりもむしろ危険かもしれません。

自分の肌の状態や使用方法を考え、自分に合った化粧品を選ぶようにしましょう。