ワセリンとは

昔からワセリンは乾燥肌に効果があるといわれてきました。

その反面、石油からできているから有害だといわれることもあります。

ワセリンとはどのような成分からできているのでしょうか。

 

今回はワセリンの成分や使い方も含めてご紹介したいと思います。

ワセリンの成分や特徴や使い方などを理解し、上手にスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ワセリンとは?

ワセリンとは石油を精製する途中でできる炭化水素類の混合物で、主成分はメタン系炭化水素であるペトロラタムをさらに精製したものです。

無味無臭で白色または黄色の半固体、いわゆるゼリー状の形状です。

 

性質としては化学反応を起こさない、いわゆる不活性物質であるため化粧品に配合される他の物質からの作用や影響も受けにくい物質です。

さらに中性であるので肌への刺激も少ない、また空気や日光による酸化も起こりにくいという特性があります。

これらの特性を生かして医薬品や化粧品の分野では軟膏基材や化粧品基材として使用されています。

 

薬用としては外傷や炎症の傷の部分や周辺、手足のひびやあかぎれなどに塗布剤として使用されることが多い物質です。

また医薬品や化粧品だけでなく、工業用としても機械類のさび止めにも使用されています。

 

ワセリンの欠点としては吸水性がなく皮膚内部への浸透性が少ないこと、粘着性が非常に強いことです。

そのため肌に塗るとべたべたとした使用感を感じてしまうのです。

石油が原料のものを塗っても影響はないのか

石油が原料になっているものを肌や顔に塗っても大丈夫だろうかという疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

石油と聞くと独特のにおいと色があり、エネルギー源や化学工業の燃料というイメージが強いと思いますが、石油とはそもそもどのようなものからできているかご存知でしょうか。

 

石油の元となる原料は植物です。

2億年ぐらいの長い時間をかけてゆっくりと植物等に圧力をかけ石油は作り出されているのです。

石油は人工油ではなく植物油であり天然の成分なのです。

 

天然成分がすべて身体にとって良いものばかりであるとはいいきれませんが、少なくとも石油から抽出されたワセリンは肌に有害な物質は含んでいないということができます。

石油が鉱物油であり人工油であるからワセリンも悪いものという考え方は間違っているといえるでしょう。

(参考:練馬光が丘病院夏井ドクターの回答

肌表面の保湿効果

ワセリンの効果としては何といっても高い保湿効果及び保水効果があげられます。

ワセリンによる保湿とは、ワセリンを肌に塗ることで肌の表面を油膜でコーティングし、水分の蒸発を防ぐことにより肌を保湿する仕組みです。

 

皮脂膜のように肌に薄いバリアを張ることで水分の蒸発を防ぐだけでなく、外部から受ける刺激を和らげたり菌の侵入を防ぐ効果も期待できます。

 

注意する点はワセリンを肌に塗ったからといって肌の細胞に働きかける薬のような治癒能力がないというところです。

肌の乾燥や肌荒れがひどい場合には保湿改善をうたった化粧品などで改善を試みることも多いと思いますが、ワセリン以外の添加物や不純物が含まれていることも多いため弱っている肌に影響を与える可能性もありますので、使用を考えた方が良いでしょう。

それよりも不純物がほとんど含まれない安全なワセリンを使用して保湿をし、乾燥が改善した後に他の化粧水やクリームなどで肌荒れの修復をおこなうようにしてみてはいかがでしょうか。

ワセリンに副作用はあるのか

結論からいうと、ワセリンには副作用がありません。

ワセリンは人体に反応しない、つまり毛穴や肌内部の角質層に浸透せず、肌の表面に留まるだけですので安心して使用できる物質といえます。

 

1960年以前の黄色ワセリンは純度が低く不純物が含まれ、これが酸化して肌荒れやかぶれが起こっていたといわれていますが、現在では特に白色ワセリンは純度も高く、光による酸化もないため安全な物質だといえるでしょう。

メーカーによる5つの種類

大きく分けると黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。

白色ワセリンは黄色ワセリンをさらに脱色して精製したものとなります。

白色ワセリンをさらに細かくみてみるとプロペトとサンホワイトが代表的なものとしてあげられます。

白色ワセリンに他の物質を配合して作られた親水ワセリンもあり、それぞれの特徴とオススメの商品をご紹介します。

黄色ワセリン

黄色ワセリンといわれることからもわかるように色は黄色で、臭いもなく味もありません。

精製度が白色ワセリンよりも低く、価格も安いのが特徴です。

 

精度が低いといっても特に肌トラブルがない方にとっては何も問題もなく使用できます。

あまり黄色ワセリンは日本では販売されておらず、代表的なものとしては原産国がアメリカ合衆国でユニリーバ・ジャパンから販売されている青色のふたで容器がやや黄色のvaselineが代表的なものといえるでしょう。

身体全体に塗れるものから唇や爪や手指などそれぞれの身体のパーツに対応した商品までたくさん販売されています。

→ vaseline(ヴァセリン)|Unilever公式

白色ワセリン

黄色ワセリンをさらに精製した物質であるので精製度が高くなり、価格も高くなります。

黄色ワセリンよりも純度が上がるため、敏感肌の人や肌荒れに悩んでいる人も安心して使用できるでしょう。

炎症があっても使用に問題はないとされています。

 

白色ワセリンの商品については様々な製薬会社から製造販売されていますが、オススメするのは健栄製薬の日本薬局方白色ワセリンです。

この白色ワセリン1つで手足や身体全身そして唇にも使用することができます。

→ 白色ワセリン|健栄製薬

 プロペト

白色ワセリンをさらに精製したものがプロペトです。

白ワセリンの不純物を取り除いたもので、皮膚の中でも目元などの皮膚が薄くデリケートな部位に使用すると良いでしょう。

 

プロペトについては丸石製薬のプロペトホームがオススメです。

チューブタイプの容器に入っているため、空気に触れる部分も少ない上に容器内に指を直接入れてワセリンを触ることもないため衛生的です。

→ プロペトホーム 100g|丸石製薬 

サンホワイト

プロペトをさらに精製した高純度の白色ワセリンがサンホワイトです。

白色ワセリンもプロペトも第3類医薬品で保険が適用になりますが、サンホワイトは医薬品ではなく化粧油に分類され、保険適用外のため高額です。

 

ただし、白色ワセリンの中でも最も純度が高いため肌の弱い赤ちゃんやプロペトでもかぶれるような方にはオススメのワセリンです。

サンホワイトの商品としては日興リカのサンホワイトP-1がオススメです。

乾燥性敏感肌用のスキンケアとして使用することができます。

健栄製薬の日本薬局方白色ワセリンや丸石製薬のプロペトホームの約3倍以上の値段になりますが、サンホワイトP-1ひとつで身体全体から唇も目の周りの皮膚の薄いところまですべてに使用することができ、化粧下地としても使用可能です。

 

保存料も使用しておらず、もちろん赤ちゃんにも使用することができ、おむつかぶれから口周りにまで塗っても大丈夫です。

一般的な白色ワセリンに比べてやや柔らかくて伸ばしやすいように製造されています。

容器もチューブタイプ、ボトルタイプ、少量を持ち運べるような平型タイプがあります。

→ 白色ワセリン|サンホワイトP-1

親水ワセリン

白色ワセリンにサラシミツロウとステリアルアルコールもしくはセタノールとコレステロールを混ぜたものが親水ワセリンとなります。

親水ワセリンは黄色ワセリンや白色ワセリンと違い上記の物質が配合されるため吸水性が高くなり、通常浸透しないワセリンが肌へ若干浸透しやすくなります。

様々な中でどの種類が良いのか

ワセリン単独配合のものとして、上記で紹介した種類の中でどれが良いのかをみてみましょう。

肌のコンディションにもよりますが敏感肌や肌荒れがひどい方を除き、一般的な肌の方へのオススメは白色ワセリンとプロペトでしょう。

両方ともに医薬品ですので医療機関でも処方されるという点でも安心できますし、価格も低価格である上に十分に安全性の高いものであることがわかっています。

またインターネットや薬局やドラッグストアでも簡単に購入することができますので、手軽に入手することができます。

 

サンホワイトは高額であり、販売されているドラッグストアも少ないため他のものに比べると入手は困難ですが、肌荒れのひどい方や赤ちゃんには安心して使用できますのでこちらもオススメです。

 

またワセリンが化粧品の一部の原料として配合されている場合があります。

もちろんワセリン単独としては毒性が極めて低い物質となりますので、ワセリンによる肌への影響は考えなくて良いでしょう。

ただし他に物質が含まれている場合には、配合されている物質の特徴を理解した上で商品を購入するようにしましょう。

ワセリンは無害でも他の配合成分が肌に影響を及ぼす場合がありますので、注意が必要です。

安全性の高い日本薬局方白色ワセリン

白色ワセリンに日本薬局方と記載のあるものがあります。

日本薬局方とはどういうものなのでしょうか。

日本薬局方とは

日本国内で販売される医薬品や医療機器などの性状や品質の適正をはかるために品質や純度や強度の基準を定めた医薬品の規格基準書のことです。

医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき薬事や食品や衛生審議会の意見等を聴いて、厚生労働大臣が制定します。

 

この日本薬局方に基準に合ったものは日本薬局方白色ワセリンとして販売されます。

この表示があるワセリンの方が精製度は高いとされています。

日本薬局方と表示されているということは医薬品ですので、前述のワセリンの種類で述べた白色ワセリンやプロペトのように医療機関や調剤薬局で処方されることとなります。

ワセリンの上手な使用方法

ワセリンは油性ですので、ベタベタする使用感が苦手という方もいらっしゃるでしょう。

保湿効果が高いとわかっていても使用した後の手や顔のべたつきを考えると使用を躊躇してしまうかもしれません。

 

ポイントは薄く塗ることです。

ワセリンは粘りがあり固い形状のものが多く、手に取って肌に塗ろうとしてもなかなか伸びず塗りにくいのが欠点です。

上手く塗るコツはワセリンを手のひらに適量取り、両方の手のひらをこすり合わせながら体温で温めてから柔らかくのばし、塗りたい部分に薄くのばすように塗りましょう。

手のひらで温めてのばさずに固いまま肌に塗るとのびが悪いため力も入り、肌に余計な刺激を与えます。

のびないので広範囲に塗れない上に何度も重ね塗りをしてしまい、べたつきがひどくなってしまいます。

 

たくさんの量を塗る必要はなく、少量で十分な保湿効果があります。

少しの量を薄く塗り時間が経っても乾燥がひどいところには重ねて塗るようにしましょう。

 

ワセリンを塗るタイミングですが化粧水や乳液や美容液を塗った後、つまりスキンケアの一番最後です。

化粧水などが肌に浸透するのを妨げず皮膚の乾燥を防ぐことができ効果的な使用方法だといえるでしょう。

また乾燥が特にひどい箇所には最初にワセリンを塗り、乾燥が改善された後に他のスキンケアを試してみても良いかもしれません。

 

ご紹介した通りワセリンはいろいろな種類があります。

それぞれの特徴を確認し、自分自身の肌の状態や用途に合ったものを選んで使用てくさい。