エフゲン

爪水虫は硬い爪甲内で白癬菌が繁殖している状態で、外用薬では患部にまでなかなか届かないため通常内服薬で治しますが、今回市販の外用薬で爪白癬を治すエフゲンを購入しましたので口コミを書いていきたいと思います。

 

爪水虫になるまでの経緯

私の家族の中に既に水虫の人間がおり、おそらくそこから伝染したものと思います。靴やサンダルは風通しの良い場所に置いていますし、一日中靴下を履いていることもありませんので、運悪く感染して発症したのだと思います。

ただ、もう一つ思い当たるのはシャワー時にあまり丁寧に足の爪まで洗っていませんでした。爪水虫の原因になる真菌はヒトの皮膚に常に付着しているもので、これが繁殖しないために足の爪までもしっかりと洗うべきでした。

 

爪水虫と気づくまで

画像は後で載せますが、最初は親指の爪に、縦に白い線が入った形でした。これを水虫とは思わず爪にひびが入ったのかなと思いました。ひびであれば放っておくと治ると思い特に何かケアすることはありませんでした。

その後半年ほど放置し、その間縦の線が薄くなったり濃くなったりを繰り返していました。ひびが入ったわけではないのかなと思いつつ何もすることなく過ごしていると、だんだん爪の端(外側)が白・黄ばみを帯びてきました。

痒みはなかったものの、これはひびではなくもしかしたら爪水虫かなと思い一度皮膚科で診てもらったところ、案の定そうでした。この時はまだ症状がひどくなく隠せる程度だったので継続して皮膚科に通うことなくやり過ごしました。

 

それから3か月ほど(写真あり)

そのまま皮膚科に通って治療すればよかったもののなんとなく行きにくいのと面倒くささが相まって、いただいた薬を使用しつつさらに3か月ほど放置していました。だんだんと爪の端から黄ばみを帯びている範囲が広くなり、そろそろまずいかもと思い始めます。

黄ばみだけでなく患部の爪がやや変形しだしたので時々痛みを感じることもありました。皮膚に食い込んでいる爪を切ると、爪甲下(爪床)の皮膚も菌に侵されて白いカビのようになっていました。その画像がこちらです。

爪水虫 親指

気持ちのいいものではありませんがお許しください。これは左足の親指で、ご覧のように遠位・側縁部爪甲下型の爪白癬です。最初は右外側だけが患部でしたが、だんだんと爪の先にも菌が進行して行ったようです。

一部爪が剥がれてしまっていますが、先ほども言ったように自分で切ったからです。切る前は爪先と横側が、まだ爪がある白い部分のような状態でした。これは爪の表面はまだ浸食されていないものの、爪床がカビになり、それが透けて見えている状態です。

実は、親指以外にも爪水虫になっている個所があるのですが、お恥ずかしいことにそれが多いので一番症状がひどい左足の親指だけを掲載することにしました。どの指も同じような爪水虫の症状です。

 

人前で素足になれない

当然ですがこんな状態では人前で素足を見せることができません。幸い武道などのスポーツをしておらず裸足にならなければならない機会はないものの、友人と温泉や旅行に行くのも少し気が引けてしまいます。

夏の暑い季節にもサンダル姿になれなかったので、来年の夏までには治したいです。

 

エフゲンを注文

皮膚科の先生も水虫の症状なんていくらでも診ており慣れっこなんでしょうが、なんとなく見てもらうのが嫌な小心者且つ通うのが面倒なので爪水虫の治療で評判の良いエフゲンを使って改善していこうと思います。

 

エフゲンはドラッグストアではほとんど取扱いがないようで、生活用品を買いに行ったついでにお店の方に聞いてみたのですが置いてありませんでした。なので今回はネットショップ(楽天市場)で購入しました。

どこで買っても商品は全く同じなので送料や運送会社、最安値、配達までの日にちなどを考慮して選ぶと良いと思います。今回送料無料のところで購入し、注文から配達完了まで3日+9時間ほどでした。

エフゲン 配達

文字が記載してあるところは隠しましたが、箱の中身がばれないような梱包ですので誰かに開けられない限りわかりません。荷物の内容は「箱類」と書かれているだけでしたので梱包が気になる方も安心できます。

 

中身

e177

注文したものはエフゲンのみなので特にこれと言ってお見せするものではありませんが、一応写真を載せておきます。ご覧のように箱の中にビニールのクッションとエフゲンが入っているだけです。納品書も一緒に入っていましたが写真からは除外しています。

 

塗りやすいようにはけも一緒に入っているので用意する必要はありません。添付されている説明書にはコットン等に液体を取って塗る方法も紹介されていますが、はけでもコットンでもどちらでもいい思います。

エフゲン はけ

ただしこのはけは線維で出来たものではなくプラスチックを細かく裂いたものなので塗った感触としては少し硬いです。だからと言って効果に違いが出ることはないものの、使用感が気になる方はコットンやガーゼを用意した方がいいでしょう。

 

女性向けのパッケージも

女性用 エフゲン注文してから気づいたのですが、エフゲンの容器は女性向けのデコレートされたものもあります。この水虫薬はご覧の通りあからさまに水虫薬とわかるようなデザインで、女性にとっては何となく持ちにくいイメージがあります。

こちらのようにピンク色でお洒落なデザインのタイプなら足のマークも描かれていませんので、エフゲンを知らない限り何のお薬かわかりません。もちろん成分は通常のパッケージのものと同じですのでご安心を。

(画像引用元:水虫薬エフゲンの大源製薬

 

エフゲンの使用開始

さて、いよいよエフゲンを使って爪水虫の完治を目指していきます。使用方法はごく簡単で、液体を1日2回程度患部に塗るだけです。ただし、爪水虫の性質上使用方法にすこしだけコツがいりますので、それだけ押さえておきます。

エフゲン 使用方法

用法で書いてあるように、白癬菌が爪甲下(爪床)に進行しているケースでは予め爪をヤスリで削るか爪切りで爪床が見えるくらいに切ってしまします。そうすることで菌が溜まっている個所に直接薬を届けることができます。

健康な爪であれば爪と爪床はくっついた状態ですが、爪床に白癬菌が侵食しているケースでは爪と爪床が乖離(かいり)してしまっていることがあります。また爪床の表面が菌の浸食で硬くなっているため爪を剥がしてもあまり痛みを感じません。

ただし爪床は削らずに、これが見える程度までにしましょう。

 

1.患部の爪を切る

爪床 白癬菌

私のケースではまだこの部分の下にも菌が進行している状態です。ここの爪床にもしっかりと薬を届けたいのでこの部分の爪をカットしてしまいます。白くない部分はまだ健常なので無理に剥がす必要はありません。

爪床 爪水虫

爪と爪床がすでに離れてしまっているので切る時に痛みはありません。エフゲンには角質を柔らかくして成分の浸透を助ける成分があるとはいえ、患部に爪が被さっているとなかなか爪甲下まで届きにくくなるので、できればこのように切るか削りましょう。

 

2.患部を洗う

爪水虫 石鹸

次に患部をよく洗います。水洗いだけでも構いませんし石鹸を使用してもOKです。洗うことで表面についている菌をある程度落とすと同時に、角質が水分によって柔らかくなり成分が浸透しやすくなります。

つまり、シャワーや入浴後に使用するのが一番効果的です。

 

3.エフゲンを塗る

e184

はけを利用してエフゲンを万遍なく塗っていきます。痛みや刺激はありません。患部だけに塗りますが、おそらく健常な爪・皮膚の部分にも薬が当たってしまうと思います。それでも問題はないものの、薬の作用でりその部分も皮膚が剥がれて新しく生まれ変わります。

エフゲン自体の匂いはきついものではなく、若干のアルコールの匂いとなんとも言えない匂いがします。これを塗ったからと言って部屋中に香りが漂ったり、なんとなく足から薬の嫌な匂いがするということもありません。

 

ガーゼとばんそうこうを使用する方法も

ここでははけのみを使用して治療を目指す方法を紹介していますが、長時間成分を浸透さっせるためにガーゼとばんこうそうを使った方法も紹介されています。こちらのやり方については以下の動画をご覧ください。

ガーゼにエフゲンを浸ける際、瓶の口から直接つけると大量に液体が出てしまいますので一度はけにとってそれをガーゼに染み込ませる形が良いでしょう。量は「はけにたっぷりつけ→ガーゼに染み込ませる」を2回繰り替えく程度でいいと思います。

 

注意

使用する際の注意として、おそらくはけを使用して塗布する時に塗り具合を確認するために顔を近づけると思います。その時に、はけの毛先から成分が飛んで目に入らないように十分注意してください。奥から手前には塗らず、手前から奥に塗るとこちらには飛びません。

万が一目に入ってしまった場合はすぐに水で洗い流しましょう。

また、できれば使用中フタは閉めておいた方がいいでしょう。若干のアルコールが使用されており気化しやすいでし、誤って倒してしまうと非常にもったいないのでフタはしておます。

エフゲン キャップ

 

4.使用後

使用後 水虫

使用後ははけをティッシュで挟んでふき取るか、一度水で軽く洗ってからふき取る形でOKです。ティッシュでつまむ際にあまり強く引っ張ると毛先が棒から取れてしまうので、軽く摘まむ程度にふき取りましょう。

エフゲンを塗った足も特に塗る前と変わりありません。即効性がある薬ではなく、継続して使用することで効果が出始めるので気長に使っていきたいと思います。

 

副作用はないのか

エフゲンにはウンデシレン酸とサリチル酸が使用されていますが、どちらも副作用が出る成分ではありません。ただし、微量のアルコールが使用されていますのでアルコールに敏感な方は使用を控えた方がいいでしょう。

それ以外は妊婦の方、糖尿の方、心疾患の方でも使用して問題ありません。

 

完治までの期間

エフゲン 完治

爪白癬は非常に治りにくい症状の一つです。エフゲンを使用して1、2週間ほどでサリチル酸の作用により白癬菌に浸食された皮膚が剥がれ始め、爪が生え変わり綺麗な状態に戻るまでに最低3か月かかるようです。

また、綺麗な状態に戻っても完治はしておらず爪甲下に白癬菌が潜んでいる状態です。これを繁殖させないためにも使用の回数を減らして継続的にエフゲンを塗布する必要があり、完治までに早くても3~6か月はかかるでしょう。

より早く爪水虫を完治させるためにも入浴時に足の爪までしっかり洗ったり、使用した靴は風通しの良い所に出して乾かすようにしたいと思います。また、殺菌作用付きの消臭スプレーも有効なのでこれも使ってみたいと思います。

 

 

以上がエフゲン使用のレビューです。まだまだ使い始めて時間が経過していませんので口コミ情報は少ないですが、現在は朝と夜の入浴後の1日2使用しており、今後変化が表われるたびに爪白癬の様子をアップしていきます。

 

 

9月15日 追記

エフゲンを使い始めて2週間ほど経ちました。今のところ毎日使用しており、使う頻度は朝と晩の1日2回です。朝はそのまま塗り、晩はお風呂上がりに塗っています。塗り方は従来通り付属のはけで患部に直接塗ります。

2週間 エフゲン

エフゲンを使い始める前に比べて皮膚がボロボロにはがれてきているのがわかるでしょうか。サリチル酸の作用によって角質が軟化して剥がれている状態です。こうやって菌が侵食した皮膚を剥がし落として状態を改善していきます。

今のところはまだまだ綺麗になる予兆はありませんが、エフゲン公式サイトの説明通り使い始めてからおよそ2週間で皮膚の剥がれが目立つようになりましたので、今後も朝晩の2回をコツコツと続けていきたいと思います。

 

9月30日 追記

塗り方を変更

これまではけを使用してエフゲンを塗っていましたが、上の動画のような形で患部に当てる方法に切り替えました。なぜかと言うと、はけで塗っても薬がすぐに揮発してしまっているような感じがしたからです。

方法はとても簡単で、用意は医療用テープとコットンだけなのです。両方とも100円均一で購入できます。

医療用テープ コットン

 

コットンは1回で1つまるまる使うわけではなく患部に合う程度の大きさにして使用します。

e337

 

次にはけにエフゲンを付けて、これを切ったコットンに染み込ませます。2、3回ほどはけからコットンへ移すように染み込ませれば十分です。

エフゲン コットン

 

最後に、コットンが患部に当たるようにしてテープで止めます。この際テープが簡単にはがれないようにぐるぐる巻きにしてもいいでしょう。

エフゲン 使い方

以上が最近行っている治療方法です。200円+消費税で非常に長い期間できる方法なので、いまいちエフゲンの効果を得られていない方は実践してみてください。

 

爪白癬の変化

相変わらず毎日エフゲンを1日2回塗り続けています。使い始めてから約1か月が経ち、また変化がありましたのでご報告します。今まで硬かった爪甲下の爪床部分がぐにゃぐにゃになり、爪きりで剥がせるようになりました。

爪床

こちらは9月15日の追記で使用した写真です。爪床は赤色で囲った部分で本来は爪の裏側と爪床は密着した状態です。しかし白癬菌が侵食したことにより剥がれてしまい白くなるため、爪が白く見えてしまいます。

 

下の写真は本日撮ったもので、赤い丸の部分の爪床を爪切りで剥がし他の個所との色の違いが分かるようにして見ました。丸の部分では菌が進行した皮膚を剥がしていますので、本来のピンク色の皮膚が見えています。

爪床 剥がれる

 

下の写真は菌が侵食した爪床を全てが剥がしたものです。白い皮膚がなくなり、健常なピンク色の皮膚が見えてます。爪周辺の皮膚はなかなか取り切れませんでしたが、こんな風に剥がせる個所は剥がして、菌を除去していきます。

剥がす

剥がす際に注意したいのは、爪切りなどで切る際に痛みを感じない皮膚を切ることです。痛みを感じない個所であればエフゲンの作用で剥がれやすくなり、剥がしても問題ない個所ということになります。決して痛みがある個所まで切らないよう気を付けます。

 

12月16日 追記

前回の追記から約2か月半が経ち、エフゲンを使い始めてから3か月半が経過しました。その間ほぼ毎日お風呂上がりにエフゲンを患部に使用し、爪白癬の改善状況を見ていたところ変化がありましたのでご報告したいと思います。

爪水虫 エフゲン 3か月

エフゲンの作用によって患部以外の皮膚も剥がれやすくなってしまうため指全体の見た目はよくありません。しかし爪水虫だけを見てみると、最初や前回の状況と比べてみて明らかに改善しているのがわかります。

以下がエフゲンで治療を始める前の写真です。

爪白癬 水虫

白癬菌によって爪の根元まで白くなり爪の半分が侵食されている状態でした。ただまだこの頃は爪白癬以外の場所、つまり水虫に侵されていない皮膚の部分は綺麗な状態であるとわかります。

もう一度現在の写真を見てみます。

改善 爪水虫

画像で記した赤い枠線の個所は以前爪白癬で白くなってしまっていた個所です。現在はこの部分がまるまる綺麗な爪に生え変わり、しかも爪床が白く濁っていないので目に見える白癬菌の浸食はありません。

e415

あとは緑色の枠線部分にはまだ爪が伸びてきていない状況で爪床も若干白癬菌によって白くなっているため、もう少しエフゲンをこの個所に使用していく必要がありそうです。また、患部以外の皮膚も綺麗に改善すると良いでしょう。

皮膚の部分に関してはエフゲンの作用でめくれやすくなっている状況なので、これの使用をやめてしばらくすればまた以前のように戻ると思います。完治までまだ時間がかかりそうですが、変化がありましたらまた報告します。

 

2016年6月27日 追記

前回の追記より半年、エフゲンを使用し始めてからは10か月近く経ちました。前回の写真では爪の状態が少し回復したもののまだ見た目はボロボロで人前で出せるような具合ではありませんでした。

そこから約6か月たった現在の爪の状態はどうなったのでしょうか。

爪水虫 完治

いかがでしょうか、かなり綺麗に回復しました。これまでの写真と比べてみましょう。

(クリックorタップで拡大)

爪周囲の皮膚の状態も良くこれなら問題なく素足でお出かけできます。

現在はエフゲンを使用していません。エフゲンを使用中は成分の作用により皮膚もボロボロでしたが、使用をやめて2か月くらいでこのように綺麗な状態に戻りました。現在はお風呂やシャワーの時にボディソープで丁寧に洗うくらいです。

 

綺麗になったものの、やはり最初に書いた通りここまで来るのに時間はかかりました。10か月、使用したエフゲンの本数は60mlを2本と30mlを2本、つまり180ml使ったことになります。

出来ればもっと早く治したかったですが爪水虫という症状の特徴で、そう簡単にはいきません。症状が軽い方は半年ほどで、逆にかなりひどい方は1年かそれ以上かかることを覚悟しておきましょう。

エフゲンの使用期間中はどうしても皮膚がもろくなり見た目も悪くなるためなかなか素足でお出かけをしにくくなりますが、ちゃんと回復することを考えれば見た目の悪さは一時の辛抱です。

下手にネイルなどで隠すよりも1年ほどがんばって元通りの綺麗な足を取り戻す努力をするのが賢明です。

 

→ 水虫薬エフゲン|大源製薬公式サイト