ドモホルンリンクル お試しセット

30代を迎えるとお肌の悩みが多くなります。シワやたるみ、肝斑や炎症性色素沈着のシミなど20代の頃にはほとんど気にならなかったものが、30代を迎えると急に表われ始めお化粧やお手入れにとても悩まされます。

そもそも美容ホルモンと言われているエストロゲンの分泌は20代にピークを迎えて30代になると徐々に減り始めます。今まで肌のハリやツヤを助けてきたエストロゲンが少なくなるわけですから当然老化が始まります。これが30代から始まる肌の悩みの原因です。

ただ、たしかに年齢によるホルモン分泌の減少と老化は止めることができませんが、それを通常よりも遅らせることは可能です。生活習慣や使用する美容品によってアンチエイジングをすれば、若い頃の肌の状態をなるべく長く保てます。

今回は30代からの素肌に必要な美容成分を存分に盛り込んだ化粧品のドモホルンリンクルのお試しセットを取り寄せましたので、この化粧品の説明や使用感の口コミをお伝えします。

 

「まずはお試しセットから」のドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルと言えばおそらく見たことない人はいないであろう再春館製薬所のCMでお馴染みの基礎化粧品です。CM内でもよく言われているように肌の老化が表われ始める30代以降の方の保湿やハリの改善、肌理を綺麗にする作用をもちます。

そしてこちらもCMでご存知の通り、一つの化粧品だけでお肌をケアするのではなく複数使用してお肌に成分を与えてきます。お試しセットで使用できるのは8つの化粧品で、お試し後に購入できる本商品も同じく8つです。

  • 化粧落しジェル
  • 洗顔石鹸
  • 泡の集中パック
  • 保湿液
  • 美活肌エキス
  • クリーム20
  • 保護乳液
  • 光対策 素肌ドレスクリーム

これらの化粧品がそれぞれどのような成分を保有しているのかは別のところでお伝えしますので、ここでは各コスメの美容作用についてご紹介したいと思います。

 

化粧落しジェル

化粧落としジェル

肌の真皮層に保湿作用を与えるための水溶性コラーゲンや、肌表面の保湿成分として有名なグリセリン、スクワランが使用されています。皮膚の内側と外側の両方の保湿に働きかけることでハリ・弾力を与え、肌理を整えます。

ただし使用用途はあくまでも化粧落としジェルなので役割としてはクレンジングであり、洗顔の一番初めの段階で使用するものです。30種類近い保湿成分で肌をクレンジングの洗浄成分から守り、負担をかけないコンセプトです。

 

洗顔石鹸

洗顔石鹸

一般的な石鹸は化粧落としのクレンジングのように洗浄力が強く皮膚表面に大きな負担になるイメージで、ドモホルンリンクルもココイルグリシンKなどを使用していますが、この成分は極めて低刺激なアミノ酸系の界面活性剤ですので負担は少ないです。

また洗顔石鹸のpHを皮膚と同じ弱酸性に調整することで肌に優しい石鹸になっています。こちらも化粧落しジェル同様グリセリン、その他の天然エキスにより汚れが取れた肌表面の保護・保湿の働きをして洗浄成分のダメージを防ぎます。

 

泡の集中パック

泡の集中パック

クレンジング・洗顔後に使用する泡パックで、泡と言えば洗浄のイメージですが、ドモホルンリンクルの泡パックの成分はビタミンやアミノ酸を中心に肌に栄養を与えます。また、泡で肌にフタをし皮膚の温度を利用して角質の表面を柔らかくします。

角質が温まり柔らかくなると成分も入りやすくなり、これから使用する化粧水や乳液の浸透を助けます。また、泡を作るために配合されているココイルグルタミン酸Kは低刺激なアミノ酸系シャンプー使用されたり、液化したガスのLPGは第三者機関で安全性が確認されています。

つまり泡による刺激は極めて少なく、美容パックの認識で良いでしょう。

 

保湿液

保湿液

肌の奥まで浸透しやすい水溶性コラーゲン、同じく肌の深部で保湿の役割を果たしているヒアルロン酸の加水分解したものなどを配合しており、いよいよここから美容液で肌のハリ・弾力改善のケアに入ります。

美肌のためには潤いだけでなくだけでなく既存の悩みを改善することも重要で、メラニンを抑制する効果のあるカキ果皮エキス、加水分解ハトムギ種子と成分を含みシミを薄くしたりや肌のトーンをあげる効果も期待できます。

 

美活肌エキス

美活肌エキス

先ほどの保湿液にもシミの改善作用がありますが、どちらかというとこの美活肌エキスの方がその目的で作られているように思います。ビタミンC誘導体(Lアスコルビン酸2グルコシド)や深紅海藻エキスでメラニンの抑制、無色化が期待できます。

シミの原因になるメラニンは毒性の強い活性酸素が皮膚内に溜まることで発生します。美活肌エキスには抗酸化作用を持つビタミンEも含まれており、活性酸素を除去します。またビタミンEはビタミンCの力を借りて最大限発揮され、この2つは相性のいいコンビです。

 

クリーム20

クリーム20

クリーム20は他の美容液に比べて保湿へのこだわりが強いです。加水分解、水溶性のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを配合しており、この3つの成分は肌のハリや弾力に関係する真皮層に存在する保湿成分です。

またアスパラゴプシスアルマタエキスなどが線維芽細胞に働きかけてコラーゲンを補助するエラスチンの生成を促進します。シミが気になる、肌にハリがなくなった、肌内部の保湿がしたい方はクリーム20を重点的に使用するといいでしょう。

 

保護乳液

保護乳液

クリーム20でコラーゲンやヒアルロン酸がある真皮層に保湿成分を届けたら今度は保護乳液で表面に近い角質層の保湿ケアをします。角質層の水分保持で極めて重要な成分であるセラミドをコメヌカスフィンゴ糖脂質やクリスマムマリチマムエキスで補い、生成も促進します。

シワやたるみのは年齢だけが原因ではなく、外部の刺激によっても発生します。セラミドを含む角質層は水分保持することでバリア機能を果たしています。逆に言えば保湿が出来ていないとシワ、たるみ、肌荒れを引き起こすため、保護乳液でしっかりとバリア機能を維持します。

 

光対策 素肌ドレスクリーム

素肌ドレスクリーム

こちらはSPF31、PA++の日焼け止めクリームです。そのためお風呂上がり・就寝前のケアの際には必要ないでしょう。ただUVカット化粧品にしては天然成分、保湿に作用する成分が豊富なので紫外線対策+美容を期待できるのではないでしょうか。

光対策素肌ドレスクリームは紫外線反射剤が使用されており、通常であれば紫外線反射剤は敏感肌の方には刺激にある成分が配合されていますが、こちらでは肌表面を保護(ガード)する成分もいくつか入っていますのでほとんど刺激にならないと思います。

 

全部使わなければならないのか

光対策素肌ドレスクリームは日焼け止めに使うとして、残り8点全てを使う必要があるのかというとそうではありません。実際に使用してみて香りが好きだなとか、付けた感触が好きなものだけを選別して続けてもOKです。

あるいは肌の悩み別に、たとえばシワが気になるのでコラーゲンなどを補充できるクリーム20を中心に使おうとか、肌のみずみずしさ透明感がほしいので保護乳液を使うと言う形でも大丈夫です。全部使わないと効果がないわけではありませんのでご安心を。

 

特に保湿に力を入れている理由

以上ドモホルンリンクルお試しセットの8つを見てきましたが、これらの中すべてで「保湿」に作用する成分が非常に多く配合されてます。ではなぜそこまでして保湿にこだわるのでしょうか、その理由について考えてみたいと思います。

保湿により健康が保たれる

真皮層 線維芽細胞 コラーゲン

歳を重ねることで低下する肌の機能と、それによる症状はいくつかあります。まず冒頭でお伝えしたように30代を迎えると女性ホルモンが減少してしまうので、これによってコラーゲン生成などの刺激を受けていた線維芽細胞の機能が低下します。

例えば、シワが出来てしまう原因は線維芽細胞によって生成される保湿成分の減少が考えられます。ハリがある肌ではそれが水分をがっちりとつかんで張った状態ですが、線維芽細胞の機能低下により保湿力が弱まるとハリがなくなりたるみができ、結果としてシワにつながります。

 

セラミド 角質層

さらには水分を保持をしてバリア機能を作っている角質層では、保湿のためにセラミドが非常に重要な役割を果たしています。しかしこちらも生まれてすぐにをピークに、年齢を重ねれば重ねるほど減少していきます。

セラミドを含む角質層のバリア機能としてはアレルギー源や最近の皮膚への侵入を防いだり、程度紫外線の浸透もある程度防ぐことなどが挙げられます。保湿力が失われバリア機能が弱まると菌の侵入を許し、肌のトラブルになりさらなる乾燥を招いてしまいます。

 

菌の侵入も怖いですがもっと怖いのは紫外線が肌の奥まで入りやすくなることです。奥まで浸透しやすい波長の紫外線・UVAはコラーゲンやヒアルロン酸を変質させてしまいます。そうすると保湿力もなくなり、シワたるみにつながる悪循環に陥ります。

保湿が美肌の全て

つまり、コラーゲンが存在する真皮層にしろセラミドが存在する角質層(表皮層)にしろ、肌の健康と美しさを保つためには保湿がとても重要なのです。逆に言えば、保湿なしで美肌を目指そうとするのはほぼ不可能です。

またドモホルンリンクルのどの化粧品にもローマカミツレ油というカミツレ由来の成分が入っており、これは保湿成分として作用すると同時にシミの原因であるメラニン生成を抑制する働きがあり、肌のくすみやシミの改善にも効果があります。

ドモホルンリンクルは保湿もできてシミそばかすの改善もでき非常に多機能です。

 

CMで気になるあのセリフ

ドモホルンリンクル 口コミ

おそらく一度はドモホルンリンクルのCMをご覧になったことがあると思います。そのCMで「初めてのお客様にはお売りできません。」「肌のお悩みがない方にはお売りできません。」というフレーズを言われています。

気になるのは、初めての人は本当に購入できないのか、肌の悩みがないと購入できないのかと言うことです。初めて使用する人はどのように買うのか、悩みがないと本当に使えないのか疑問だと思うので、これについてお答えしたいと思います。

 

  • 初めての方でも本商品購入OK

CMでは「初めてのお客様にはお売りできません。」と言われていますが、再春館製薬所ではドモホルンリンクルの直販も行っており、無料お試しセットを申し込み・使用したことない方でも本商品を購入できます。

  • 悩みがないとだめか

これはあくまでもわざと購入できる方を限定することで、それに当てはまらない人の購入意欲をかき立てる宣伝文句だと思います。悩みがない肌よりも悩みがある肌の方がドモホルンリンクルの使用で変化がみられる可能性が高いので、うまいフレーズだと思いです。

 

つまり、基本的に誰でも申込できます。ただ過去に自身の名前で申し込んでいるならばお試しセットは申込みできず、本商品のみの購入になります。

 

申し込み後に電話勧誘はあるのか

本商品を購入すること前提で無料お試しセットを申し込まれる方は気にならないかもしれません。しかしドモホルンリンクルがどんなものかちょっとだけ試してみたい方は、その後電話の勧誘などがあるのか気になるでしょう。

ダイレクトメール(ハガキ)や電子メールの送付・送信があるようですが、これは1回あるかないか人によりけりのようです。

勧誘を希望しないなら

もしも無料お試しセット申し込み後の勧誘を希望しないならば以下の画像で示した「お電話でのアドバイスについて」の個所のチェックを外しておきましょう。ここはお試しセットお届け前の電話カウンセリングのようなものです。

また、電話だけでなくダイレクトメール(ハガキ)や電子メールの送付・送信も希望しない場合は「その他」の項目のところにその旨を書いておけば、希望に沿ってもらえるでしょう。

ドモホルンリンクル 勧誘

 

お試しセットの分量と効果

無料お試しセットの分量ですが、これは3日分です。一度に手に取る分量を少しずつにすれば5日間ほどは使えそうですが、一度の使用量があまりにも少ないと効果や使用感はほとんどわからないのである程度手に取った方がいいです。

では、3日分の様でドモホルンリンクルの効果をしっかりと味わえるかというと、すこし微妙です。どんな化粧品でもたった3日の使用だけで劇的な効果が得られることはありませんので、お試しだけで肌質が大きく変わることはないでしょう。

お試しセットでより長く使うために

このお試しセット、3日で全部使い切らないとダメかというとそうではありません。また先ほども言ったように、8つとも全部を使用しないと効果がないのかというとこれも違います。化粧落としや洗顔を除く化粧品1つでも十分です。

少し細かいことを言うと、ドモホルンリンクルのどの化粧品にもグリセリンが入っており、これは多価アルコールで分子量が大きく肌には浸透しません。表面保湿・フタをする目的で使用される成分です。

つまり一つの化粧品を使うごとに皮膚表面に付着するグリセリンの量が多くなりますので、それだけ肌にフタがされると言うことです。そうなれば後に使用する化粧品で本来浸透すべき成分が入りにくくなる可能性もあります。

そのため、1回のケアで使用するものは1~3つ程度に決めておいて「最初の3日間はこれとこれ、次の3日間はあれとあれ」と言う具合に分けて使用するのも一つの手です。そうすれば使用する期間も長くなり、効果が表われるまでじっくりと使うことができます。

 

どんな人に向いているか

ドモホルンリンクル お試しセット

では、ドモホルンリンクルはどのような人に向いているのでしょうか。これはCMで言われている通り年齢による肌のトラブルが増えてきた方、特に30代を迎えてから気になりだした方向けなのかなと思います。

お試しセットの各化粧品を見たところでもお伝えしたように、どのタイプでも保湿成分が配合されているので肌の乾燥が気になる方に適切ですし、皮膚表面が荒れて化粧の乗りが悪くなってきた方にもおすすめできます。

 

美容の基本は保湿と言いましたし、どのような肌の悩みもその根源は保湿力の低下が関係してきますのでドモホルンリンクルが合わない方を探す方が難しいのではないでしょうか。強いて言えば皮脂の過剰分泌を抑える作用はあまりないので、皮脂コントロール用化粧品ではありません。

また、申し込画面にも書いてありますが美活肌エキスにはアロエエキスが配合してあります。もしも過去にアロエを肌に付けて赤く腫れたなどの症状があった方は美活肌エキスのみ使用を控えましょう。