紫外線

シミの原因の一として考えられるものに日焼け・紫外線があります。日焼けは紫外線を受けることによって皮膚に大量のメラニン色素が生成されて、皮膚の色が黒くなるもので、通常は肌が黒くなってもシミになることはありません。

しかし遺伝やホルモンバランス、年齢により肌が均一に日焼けせず、部分的に集中してメラニン色素が出来てしまうことがあります。これが「シミ」の原因であり、人によっては顔や背中など広範囲でそれが起こります。

 

日焼けによるシミの原因

紫外線 シミ

日焼けによってできるシミは正確に言うと炎症性色素沈着で、太陽の光で肌が一時的に軽い炎症を起こして、そこへメラニン色素が大量に送られ沈着してしまうものを言います。日焼けのシミだけでなくニキビ跡や傷によるものも炎症性色素沈着です。

ではなぜ陽の光で炎症が起こるのかと言いますと、ご存知の通り太陽光には「紫外線」という生物にとって有害な光が含まれているからです。シミには炎症性色素沈着の他にも肝斑や老人性色素班などがありますが、どのシミにも紫外線が影響していると言っても過言ではありません。

 

紫外線をとはいったい・・・?

様々なシミに影響する紫外線とはいったいどんなものなのでしょうか。

例えばCMや雑誌などで「UVカット」と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、このUV(UltraViolet)は「Violet(青紫色)」を「Ultra(越えた)」の意味で、つまりは紫外線を英語で言ったものが「UV」なのです。

そんなUV(紫外線)は単一の光で出来ているのではなく、いくつかの種類で構成されていることをご存知でしょうか。波長の長さによって3つの種類に分けられ、それぞれヒトの皮膚に及ぼす影響が異なります。

  1. UVA
  2. UVB
  3. UVC

UVA UVB UVC

UVAの波長が一番長く、UVCの波長が一番短いです。波長については詳しく見ませんが、波長が短ければ短いほど人体に有害で(X線など)、長ければ長いほど害がない(赤外線や遠赤外線など)と考えてください。

 

1.UVA

UVA 紫外線

UVAは紫外線の中でも最も長いもので、肌の奥深く(真皮)にまで侵入します。UVAを受けた肌ではもともとあるメラニンが酸化し黒くなったり真皮にあるヒアルロン酸やコラーゲン、またそれらを生成している線維芽細胞を破壊します。

ヒアルロン酸、コラーゲンと言えば肌のハリを保つために機能している成分で、これらが破壊されるということはたるみやシワを引き起こします。このようにUVAの光によって肌が老化することを「光老化」と言います。

 

UVA対策

UVA対策は市販の日焼け止めを塗ることで予防できます。UVAをカットする指標として「PA」と言うものがあり「PA+~PA++++」の4段位階が良いされています。プラスの数が多い方が効果が高いですが、その分肌への負担は大きくなります。

PA 使用目安 刺激
PA+ 洗濯物干しや買い物など数分~数十分の外に出る場合 極めて少ない
PA++ 運動や散歩などで1~3時間ほど陽の光を浴び続ける場合  極めて少ない
PA+++ キャンプやレジャーなどで3時間以上日に当たる場合  極めて少ない
PA++++ UVAが非常に強い時期・地域で長時間日に当たる場合  敏感肌の方は刺激になることも

(時間・地域での紫外線情報は気象庁HPをご覧ください。)

 

使用目安で「1~3時間、3時間以上」などと時間の目安を記していますがこれは個人的な観測も入っています。ですので「2時間だけ外に出るのでPA++が適切」というものではありませんので理解しておきましょう。

UVAは陽の光だけでなく壁(コンクリート)や地面(アスファルト、砂浜)、水で反射して空気中に散乱しており、散乱したUVAを受けている割合は肌で受けているUVA総量の約半分と言われています。

さらにはUVAの性質上ガラスを突き抜けて空気中にも散乱しています。基本的に屋内であればそれくらいの量を肌に受けても身体の免疫能力で対処できるためシワやたるみの原因にはなりませんが、どうしてもUVAが気になる方はPA+を薄く塗っておくと良いでしょう。

 

2.UVB

UVB 紫外線

UVBはUVAよりも波長が短く肌への害も比較的大きいです。UVBは肌で毒性の強い活性酸素を発生させ健康な細胞を破壊します。皮膚は細胞を守るためにメラニンを生成し、これが日焼けやシミにつながります。

UVAは既存のメラニンを酸化させるのに対し、こちらはメラノサイトというメラニン生成工場を刺激してメラニンを誘発する形です。ただしUVBは毒性が強い分肌の奥にまでは侵入せず、表皮や角質層と言った肌表面に悪影響を及ぼします。

 

UVB対策

UVBも市販の日焼け止めで対応可能です。UVBをの侵入を予防する指標として「SPF」と言うものがあり1~50の数字で表されます。SPFの「1」につき20分のUVB予防効果があり50でしたら16時間以上の予防効果があります。

ファンデーションうやBBクリームにはUVB予防効果があるものもありSPF10~20程度の機能性があります。通勤や軽く外に出る程度でしたらそれで十分UVBカットできます。レジャーやキャンプなどで長時間太陽光を浴びるならば、日焼け止めを別途使用した方が良いでしょう。

UVBもUVA同様に壁や地面で跳ね返ることもありますがその量は少ないです。またガラスを透過することはありませんのでUVB対策は屋外にいる時のみで大丈夫です。

 

3.UVC

UVC 紫外線

紫外線の中でも一番波長が短く有害なのがUVCです。これが皮膚に当たると直接細胞を破壊し皮膚癌を招くと言われています。ただしUVCはオゾン層のおかげで地上にまで降りてこないため対策をする必要はありません。

 

どんなシミにも影響するUVB

UVB 影響 肌

UVCは紫外線の一つであっても我々には影響しないので対策の必要はなく、UVAとUVBのケアをすれば問題ありません。紫外線の割合はUVAが約95%、UVBが5%で後者の量が非常に少ないのですが、決して侮れない光です。

先ほども少し説明したようにUVBが皮膚に入り込むと活性酸素という毒性の強い物質が発生します。本来活性酸素は体内の毒を撃退する役割がありますが、これが過剰に増えると健康な細胞まで攻撃してしまいます。

それを抑えようとメラノサイトでメラニンが生成されて集中的に放出されることによりシミになるのですが、このようなメカニズムは様々な種類のシミに共通していることで、どのケースでも発生要因としてUVBが関係していると言えます。

発生原因としてUVBが関わっているシミは以下のものがあります。

  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • (光線性)花弁状色素班
  • 老人性色素班

日焼け・紫外線によるシミは炎症性色素沈着に当たり、妊娠やホルモンの乱れで起こる肝斑にも紫外線が影響していると考えられます。上半身にできやすいホクロの様なシミの(光線性)花弁状色素班、長年の日光の蓄積で起こる老人性色素班も紫外線が影響しています。

 

特に気を付けたいニキビ肌

紫外線 ニキビ 炎症

ニキビは白ニキビ・黒ニキビ・黄色ニキビ・赤ニキビの4種類に分けられ、このうち黄色ニキビと赤ニキビは炎症を起こしています。炎症ニキビになる原因はいくつかあり、実は紫外線によって炎症が起こる・広がることもあるのです。

ニキビと言えば肌の常在菌であるアクネ菌が皮脂を分解して脂肪酸とグリセリンを作り出し、同時にコプロポルフィリンと言う有機化合物も生成します。コプロポルフィリン自体は害はありませんが、これが紫外線を受けると活性酸素に変身します。

活性酸素は酸素に弱くジメジメした場所を好む性質を持つアクネ菌に働きかけてこの菌を殺菌します。ただ、活性酸素が増えすぎると健康な肌にまで攻撃を始めてしまいます。その結果炎症が広がり、赤ニキビがなかなか治らなくなります。

つまり黄色ニキビ、赤ニキビの方が紫外線を大量に受け続けるとシミやシワの原因になるだけでなく、炎症ニキビの発生とその広がりを促進してしまいます。したがってニキビ肌の方でもなるべく刺激の低い日焼け止めを使用し、紫外線対策をすべきです。

 

ニキビ跡のシミの原因にも

メラニン ニキビ跡

ヒトの皮膚では炎症が起こった個所にメラニンが放出される仕組みがあります。火傷や外傷が治った後、そこが黒ずんだ経験はないでしょうか。理由ははっきりしていませんが、炎症の広がりを抑えるためメラニンが放出され、炎症を抑えようとするのではないかと言われています。

黄色・赤ニキビも立派な炎症なので徐々にメラニンがそこに集まり、治ったあとシミや黒ずみになることもあります。そこへ紫外線による影響でさらにメラニンが放出されれば、より多くのメラニンが集中することになります。

紫外線はニキビの発生・広がりにだけ関係しているのではなく、完治後の炎症性色素沈着にも大いに影響します。通常よりもひどいシミにならないためにも、やはり日焼け止めの使用は欠かせません。

 

予想以上に悪影響な紫外線

アスタキサンチン

以上の様にシミの原因は紫外線と言っても過言ではないほど肌にとって悪影響であることがわかります。太陽の光に全く当たらない生活習慣はよくありませんが、当たるにしても将来のことを考えれば日焼け対策はしておくべきです。

日焼け止めの他にも経口摂取(食べる)でシミを予防できるものもありますので、日焼け止めと一緒にこれらを摂取して外側からも内側からも紫外線、シミ対策を行うとより効果的でしょう。

メラニン生成を予防するリコピンの含有量(1日10~20mgが適量)
  • 大玉トマト1個:5mg
  • カゴメトマトジュース180ml(コップ1杯分):19mg
  • トマトケチャップ18g(大さじ1杯分):5.4mg
  • スイカ100g:3.2mg
  • 柿160g(中位):約1mg
  • カゴメ野菜ジュース高リコピン1個:24mg

 

活性酸素を除去するアスタキサンチンの含有量(1日6mgが適量)
  • 干した桜エビ:2.5m
  • 生の桜エビ:7mg
  • イクラ:3mg
  • 紅サケ:3mg
  •   ・・・全て100gあたりの含有量

 

日焼け紫外線シミのレーザー治療

e250

日焼け、紫外線によるシミは「炎症性色素沈着」です。自分のシミが炎症性色素沈着なのか、そして紫外線によるものなのか見極めるのは難しいです。しかしホルモンの乱れや妊娠、生まれつきのソバカスなど心当たりがないならば炎症性色素沈着で考えてみるといいかもしれません。

幸いなことに炎症性色素沈着を治すためのレーザーは多くあります。レーザーは基本的にシミを取る治療に限定されますが、薄いシミならば肌のたるみやハリを改善するフラッシュでも対応可能です。

  • 炎症性色素沈着に対応可能なレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー、QスイッチYAGレーザー、Qスイッチルビーレーザー、フラクショナル、CO2フラクショナル等

 

  • 炎症性色素沈着に対応可能なフラッシュ

スムース クール、ライムライト、フォトフェイシャル

 

  • 薄い色素沈着対応可能で肌の引き締めやハリに効果があるもの

ジェネシスレーザー

 

レーザーによる治療経過

レーザー 色素沈着

レーザーやフォトフラッシュではメラニン色素の色(主に黒や茶色)に反応させてメラニンを分解し、ターンオーバーと共に肌から除去する形になります。ターンオーバーの周期は約28日ほどなので、1か月で改善するという具合です。

レーザー照射ではほんの少し痛みを感じることもありますが我慢できないものではありません。(シミの程度にもよります)。照射後2、3日後にシミがいつもより濃くなることがあります。ただしこれはメラニンが浮き上がってきている状態で、しっかりとレーザーが効いている証拠です。

約28日後に前回のレーザー照射でどれほどシミが改善したかがわかります。通常は1回のレーザー照射で完全に取れることはありませんので、3~5回の照射でほぼ完治、時間にすると3ヶ月~半年が目安です。

 

レーザー治療後のケア

色素沈着を治すレーザー治療直後は専用の軟膏剤を塗って赤みや腫れが出てしまうのを抑えます。そして照射当日だけでなく家に帰ってからのケア、翌日以降のケアも綺麗にシミを改善するために重要です。

レーザーによる赤みや腫れは施術後に塗布してもらう軟膏剤でほぼ対処可能ですが、シミを綺麗に落とすためにはホームケアが必要になり、美白剤ハイドロキノン配合の外用薬やターンオーバーを促すトレチノイン配合のものを処方されることがあります。

基本的にはそれらが無くてもシミは改善するのですが、あった方がより綺麗に改善するという具合です。外用薬の他に院独自のドクターズコスメを勧めたりすることもありますが、これは欲しい方だけで結構でしょう。

 

レーザーが受けられない方

レーザー 受けられない方

Qスイッチやその他のレーザーは誰でも受けられるというわけではありません。妊婦の方の場合レーザーが胎児やご自身の身体に直接影響は出ませんが、痛みがストレスになることもあり照射ができないとする院がほとんどです。

また、レーザーは黒や茶色などの褐色に反応するものですので日焼けしている方、地黒の方は受けることができません。レーザーに肌そのものが反応して火傷や現在あるシミとはまた別の色素沈着が起こる可能性があるからです。

日焼けしている方、地黒の方はレーザーではなくフラッシュなら出力もそこまで強くありませんので対応出来るケースがあります。ただし、フラッシュだからと言って決してシミやダメージにならないわけではありませんので、事前に医師や看護師にしっかりと相談しましょう。