ホメオバウ ローション

今回は@コスメ・フラーレン化粧品の口コミでも評価の高いホメオバウローションの使用口コミをお伝えしたいと思います。

フラーレンの効果に関しては以下の記事を見ていただくとわかりやすいのですが、簡単に言いますとビタミンCなどの抗酸化成分と同じように酸化ストレスの抑制や活性酸素の除去をしてくれます。

(フラーレン記事 → フラーレンとは?効果とおすすめの美容液や敏感肌用化粧品

 

ビタミンCは優れた抗酸化作用を持つものの、お肌への浸透後に水素分子を大量に放ち皮膚が酸性に傾きやすいため、敏感肌や乾燥肌の方にとっては負担になることがあります。

一方、フラーレンは必要量の作用しかないためほぼ刺激がありません(逆に言えば抗酸化作用はビタミンCに比べて少し劣るかも)。

お肌の老化の原因は悪玉活性酸素にあると言っても過言ではないため、フラーレンの働きはまさにアンチエイジングの要を得ていると言えます。

私が思うローションの強み

フラーレン化粧品は様々なものがありますが、その中でもホメオバウローションが強い人気があるのは【保湿力】ではないかと思っています。

ラジカルスポンジ(フラーレンの種類)や新型ビタミンC誘導体が使用されている点は他のものと同じです。

 

しかし他のフラーレン化粧品と違うなと感じられた点は感触はサラッとしているのですが一方で付けた後にしっとり感があったところです。

 

一般的にローション(化粧水)はサラッとしたものが多く、付けた後はさっぱりとした印象を持つものです。

ホメオバウローションも手に取って付けている時はさらっと感が大きいのですが、付けた後にしっとりと潤う感じがありました。

要は保湿されている感じがするのです。

アミノ酸などの保湿成分が豊富

さらっとしているにも関わらずしっとりとした保湿力が感じられるのはなぜでしょうか。

これは成分をみるとよくわかります。

 

成分一覧

グリセリン、ソルビトール、ベタイン、ジグリセリン、PCA‐Na、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチンなどなど、肌の表面で水分をがっちりと掴んでフタをするものが多数見られます。

 

一部角質層内で保湿の働きをする成分もありますが、上記のものにより付けた後のしっとり感が作り出されるのだと思います。

成分を見る限り、肌の表面保湿力は十分に足りています。

フラーレン、ビタミンC、アミノ酸等で角質層の保湿

フラーレンと同じく強い抗酸化作用を持ちながら、先ほど挙げた【肌への負担】を緩和させたビタミンCがあるのをご存知でしょうか。

それが新型ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコビルリン酸Na)で、これはパルミチン酸やリン酸を添加させて元々のビタミンCが持つ欠点を克服したものです。

肌への刺激を緩和させたと同時に、従来よりも角質層へ浸透しやすくなりフラーレンと相互に活性酸素の除去の働きをします。

天然保湿因子(NMF)の成分も配合

天然保湿因子(NMF)とは角質層内にある角質細胞の中で水分を保持しているものです。

NMFはアミノ酸の集合体で、ホメオバウローションにはそれらを補う成分が配合されています。

 

NMFの構成成分はグリシン、 セリン、プロリン、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、PCA-Naなどが挙げられます。

さらにPCA-Naも中身を細かく見ればセリン、プロリン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニンなどで構成されています。

 

このローションには上記の保湿機能を果たすために欠かせない成分を十分に詰め込んでいますので、乾燥肌・敏感肌の方にも最適な内容です。

ホメオバウの惜しい点

以上のように完璧に見えるホメオバウローションでも少し惜しい点があります。

まあヒトの肌も様々なので、どんな皮膚にも対応できる完璧な化粧品を求めるのは難しい話なのですが・・・。

 

個人的に思う惜しい所は以下の2点です。

  • フラーレンマークがない
  • 新型ビタミンC誘導体が1種類しかない
フラーレンマークがない

おそらくホメオバウのフラーレン化粧品はビタミンC60バイオリサーチ社のフラーレンを利用しています。

その会社のフラーレン化粧品原料を規定値以上配合しているものには「フラーレンマーク」なるものを表示して良いことになっています。

 

ホメオバウの販売サイトを見るとエッセンスやクリームにはそのマーク表示があります。

しかしローションのページにはそれが見当たりません。

ということは、ローションには規定値(1%)以上の配合がないということになります。

 

このローションはフラーレンだけが魅力なわけではなく、NMFや新型ビタミンC誘導体などの複数要素でお肌に働きかけるためフラーレンマークにこだわる必要がないのかもしれませんが、せっかく素晴らしい成分を配合しているのですから規定値以上の配合はほしいところです。

新型ビタミンC誘導体が1種類しかない

配合されているビタミンC誘導体の種類はパルミチン酸アスコビルリン酸Na(通称:APPS・アプレシエ)で、ビタミンC誘導体の中でも脂溶性で浸透率が高いとされています。

しかしアプレシエにも欠点があり、それは化粧品内ですぐに酸化してしまい安定性に欠ける点です。

 

実際にいくつかのビタミンC誘導体化粧品はその欠点をクリアするために、アプレシエだけに限らず他の種類のビタミンC誘導体も配合するケースが多いのです。

他の種類のビタミンC誘導体とは「アスコルビルリン酸Na(水溶性)」や「アスコルビルリン酸Mg(水溶性)」などです。

これらのビタミンC誘導体はアプレシエに比べれば水溶液中での安定性は高く、フタを開けてからもある程度その効力を保ったまま存在します。

 

安定性ある水溶性ビタミンC誘導体が、浸透率は高いが安定性にかけるアプレシエの欠点をカバーするために一緒に配合されるのです。

しかしホメオバウローションでは安定性の低いアプレシエしか使われていませんので、ビタミンCの抗酸化作用に大きな期待はできません。

 

ただ、効果と言うの物は強ければ強いほど同時に副作用のリスクも高くなり、逆に効果が弱いとそれだけ副作用のリスクが低く色々な肌に適応できます。

自分のお肌の状態を見極めて、どちらが適しているかを選択しましょう。

 

ホメオバウローションはそれほど強い効果を持ち合わせたものではありませんので敏感肌・乾燥肌にも向くという具合です。

実際に使ってみた口コミ

成分から見たホメオバウの解析はお伝えした通りで、ここからは実際にローションを使用してみてどのような感じだったのかを口コミしていきたいと思います。

 

ローション フラーレン化粧品

こちらがローションの容器で160ml、プラスチック製のボトルです。

 

ホメオバウ 160ml

適量を手に取ります。

手に取る量は1回で500円玉程度の大きさになるくらいがいいでしょう。

 

ローション さっぱり

少しわかりにくいかもしれませんが、ご覧の通り見た目・感触は通常の水を手に取っているようにしゃばしゃばでさっぱりした感じです。

とろみや粘性を感じることはありません。

 

500円玉程度に取ったローションを手の平に広げて素早くお肌全体に馴染ませていきます。

 

使用感

こちらも非常にわかりずらい写真で申し訳ありませんが、お肌にローションの水滴を付けた時のものです。

透明で、水のようにさらっと垂れています。

手に取ったり、付けた感じはさらりとしています。

つけた後に潤いを感じる

お肌に塗っている途中はさらりとした印象を持っていたものの、ローションをムラなく付け終わった後に感じた事。

 

かなりの潤いを与えてくれる!

 

水分を肌に届けたので角質層が潤うのは当然なのですが、それにしてもただ水で満たされたわけではない感じです。

「もちっ♪」というか「うるっ♪」というか、言葉で言い表すのが難しいですがベタつきや粘りがないにもかかわらず潤いや肌表面の保湿力を感じました。

 

アミノ酸の保湿成分が非常に豪華なのでしっかりと角質層内の水分をカバーしてくれているのでしょう。

潤いや保湿力を感じる点で、やはり乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめできます。

香りはお上品、あの化粧水みたい

香りは微香といったところでしょうか、無臭なわけではなくほんのりと良い香りがします。

他の化粧品で言えば資●堂から出ている「はだ●い」のような印象を受けました(個人的意見)。

 

ホメオバウ 成分

「はだ●い」の主な香料はローズマリー水、ホメオバウの主な香りの素はカミツレ水とラベンダー花水です。

物は違えど、どれもアロマやリラクゼーションの芳香料として使用されるものなのでなんとなく似た印象を持ったのかもしれません。

 

微香なので香りが不愉快だと思うことはないでしょう。

むしろ上品さがあって使っていて楽しいです。

化粧乗りが良くなった

毎日朝と晩にホメオバウローションをしてしており、変化があったことは化粧乗りが良くなったことです。

ローションの成分が角質層をしっかりと潤し、凸凹としたムラがなくなったことでうまくメイクが乗るようになったのだと思います。

 

その他は、洗顔後の素肌を触った時に以前よりもツルツル感・サラサラ感が増した点です。

アミノ酸などの表面保湿により肌理が綺麗に整ったのでしょうか。

洗顔後に素肌を触るのが楽しくなります。

ホメオバウはこんな人におすすめ

成分の面と個人的な感想の面から、ローションをおすすめしたい人を挙げてみます。

  • 乾燥肌・敏感肌
  • フラーレン化粧水を使いたい
  • 抗酸化作用を求めている
  • 保湿力を求めている
  • 肌への負担の少なさを求めている
  • 肌理の整いや潤いがほしい

 

敏感肌や乾燥肌の方でも使えるくらいに優しい内容である反面、抗酸化作用の強さはそれほど高くありません。

なので、ホメオバウを使いつつ強い効果も欲しいと考える方は化粧水後の乳液やクリームに高濃度のビタミンC誘導体・フラーレンが入っているものを使用すると良いでしょう。

保湿力を求めていて、ついでに抗酸化成分も利用してみたい方はホメオバウくら優しいものから始めることをおすすめします。

 

なんにせよ保湿力は化粧水ながら非常に高いと思いますので、肌の乾燥から来るトラブルを抱えている方はぜひ一度使用してみてください。

 

ホメオバウ

商品名 ホメオバウ ローション
販売元 ホメオバウ
種類 フラーレン
内容量 160mL
価格 5,184円 (税込)
その他特徴 ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン
ホメオバウ|公式サイト