FCEセラム

FCEセラムのポイント

今回使ってみたビューティーモールのFCEセラムは通常の化粧品とは違い、化粧水とAPPSが別々に梱包されています(二剤タイプ)。

APPSは予め粉末として用意されており使用の際はこれを容器に入れます。

ではなぜAPPSが粉末で別になっているのかですが、これはAPPSの性質にあります。

APPSは酸化しやすい

ビタミンC誘導体化粧品は非常に多く存在し、その中でもダントツで支持されている成分は新型ビタミンC誘導体のAPPSです。

水溶性ビタミンC誘導体や脂溶性ビタミンC誘導体も優れているものの、肌への浸透具合の点で課題があるとされていました。

 

そこで水溶性であり脂溶性でもある両親媒性ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・APPS)が開発され、上記の誘導体よりもさらに奥まで浸透しやすくし、課題が克服された新型のビタミンC誘導体として注目されています。

 

しかしこちらのAPPSもある欠点があり、それは化粧水の中で品質を保つことが難しいということです。

両親媒性という性質上、加水分解したり酸素と結びつきやすいため容器の中でビタミンC誘導体としての機能が失われてしまうのです。

二剤で課題をクリア

使用前に容器の中で誘導体が壊れてしまっては意味がなく、ビタミンC誘導体を壊すことなく化粧品に溶け込ませることが重要です。

これをクリアする方法として、二剤にして使用直前にAPPSを容器の中に入れる方法があります。

 

こうすることですぐに加水分解、酸化が起こることはなく誘導体の機能を存分に肌に届けることができるのです。

成分を余すことなく使用

上記のように、FCEセラムは二剤タイプにすることでAPPSの機能を低下させず、フラーレンやTPNa(ビタミンE誘導体)、他の6ビタミンC誘導体と一緒に総力戦で肌のツヤ・ハリ改善に働きかけます。

成分が超豪華

化粧品成分に少し詳しい方ならわかると思いますが、使用されている主成分が非常に豪華です(APPS以下はすべてビタミンC誘導体)。

  • フラーレン
  • APPS
  • VITA-HA
  • VCエチル
  • APS
  • VC-IP
  • VC-PMg
  • ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸

ビューティーモールの代名詞ともいえるフラーレンはもちろん高濃度で配合されおり、ビタミンC誘導体もAPPSを筆頭に合計7つの種類が入っています。

誘導体それぞれの欠点(酸化や加水分解など)を補うような形なので、品質の低下を心配する必要はありません。

セラミドも

FCEセラムには抗酸化作用の成分だけでなく、角質層にみずみずしさを与えるセラミドもしっかりと入っています。

セラミドはヒトの角質層内で水分保持の役割を果たしており、ツヤやハリと大きく関係します。

 

例えば乾燥肌の方は角質層の荒れによりセラミドが不足していることがありますので、これを補う目的で化粧品を探している方にFCEセラムはピッタリです。

  • セラミドEOP
  • セラミドNS
  • セラミドNP
  • セラミドAP
  • セラミドEOS

ヒト型セラミドとは少し構造が異なるタイプですが、ここまでセラミドを配合している化粧品はビューティーモルでは初めてではないでしょうか。

使用方法

合計7種類のビタミンC誘導体があると言えど、一度蓋を開けてしまうと酸化は防げませんのでなるべく早めに使い切る必要があります。

FCEセラムのコンセプトでも2週間の集中ケアとありますので、この期間内には使い切ってしまいたいところです。

 

使用方法は簡単で、粉末のAPPSを容器に入れて軽く振ればOKです。

保存は常温でもOKですが、なるべく品質を高いままにしたいならば冷蔵庫保存が良いです。

 

FCEセラムは美容液なので、使用の順序としてはブースター(導入液)や化粧水の直後、クリームやオイルの前に使うのが良いでしょう。

実際に使ってみた

FCEセラム

実際にビューティーモールのFCEセラムを使用してみます。

パッケージはご覧の通りワイン色の高級感あふれる印象で、高級感あふれ気品さも伝わってきます。

 

二剤タイプ fceセラム

中身はこんな感じです。

容器の方にはAPPS以外の成分が入っており、APPSのみ細長い袋の中に粉末として入っています。

 

使用方法

混ぜ方などは特に難しいことはなく、使用直前に粉末をすべて容器の中に入れ、振って混ぜ合わせるだけです。

 

やってはいけない方法としては、1日ごと(あるいは使用の度に)に少しずつ粉末を入れることです。

これではFCEセラムの本来の力が発揮されないので、必ず全て入れて混ぜます。

 

APPS 粉末

APPSは非常に高価な成分なので余すことのないように入れます。

 

混ぜる

説明書の通り、よく振って溶液と粉末を混ぜます。

 

無色無臭

こちらが出来上がりの美容液の様子です。

写真ではわかりにくいですが、ほんの少し黄色がかっています。

香りや粘性は特にありません。

使用してみての感想

感想

FCEセラムはビタミンC誘導体が合計7つも入っているので成分の豪華さは期待できますが、一方で抗酸化の刺激の強さが不安でした。

 

事実、敏感肌でビタミンC系の化粧品が合わない方も多く、私自身もとあるビタミンC化粧水で肌荒れを起こした経験があります。

そんな中使用した今回のFCEセラムでしたが、一切刺激を感じることなく使えています。

これだけ多くの抗酸化作用の成分とセラミド、保湿成分を一気に届けられる化粧品はなく、敏感肌・乾燥肌でも問題なく使用できる点が非常にうれしいです。

 

しっとりとした印象ですが伸びがあるわけではないので、この美容液を使用した後は手持ちのクリームかオイルなどで成分の閉じ込めを行うと良いでしょう。

 

FCEセラム

商品名 FCEセラム
販売元 ビューティーモール
種類 フラーレン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、セラミド
内容量 30mL
価格 12,960円(税込)
その他特徴 ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン等
ビューティーモール|公式サイト

 

ブースター・導入液があると効果的

ピールローション

FCEセラム単体でもハリ・ツヤのステップアップに大きな期待が出来ますが、私は欲張ってさらにレベルアップしたいので導入液を使用しています。

導入液は古い角質を落としてその後に使う化粧水や美容液の成分を効率的に肌に浸透させるものです。

 

同じくビューティーモールからピールローションが出ており、こちらも非常に低刺激でありながらしっかりといらない角質を落とせるので一つ持っておくと便利です。

毎日使用すると必要な角質まで落としてしまいそうなので、3日に1回の頻度で使用しています。

 

洗顔→ピールローション→FCEセラムの順番で使用しており、さらにレベルアップした肌になれるように日々お手入れをかんばっています。

 

商品名 ピールローション
販売元 ビューティーモール
種類 フルーツ酸等
内容量 100mL
価格 4,320円 (税込)
その他特徴 角質軟化化粧水
ビューティーモール|公式サイト