脂肪注入、ヒアルロン酸注入、シリコンバッグ挿入、いずれの豊胸ももともとある程度胸の大きさがあって初めて綺麗な形でサイズアップできるものです。ある程度出来上がったバストの形を底上げして大きくするイメージです。

そのため胸に脂肪がほとんどない方(たとえば男性の方)が脂肪注入やヒアルロン酸注入をしてもうまく形が出来上がりません。注入して大きくなることはなるものの、自然なバストの形とは違う感じに出来上がってしまいます。

 

なので、そのような方の場合は脂肪注入やヒアルロン酸注入ではなくシリコンバッグ豊胸が適切です。シリコンバッグにはお椀型のラウンドタイプと雫形のアナトミカルタイプがあり、予め形がついているので挿入後綺麗な形に仕上がります。

ただ、実はシリコンバッグ豊胸でも欠点があり、もともと胸に脂肪がないとシリコンと皮膚の距離が近くなりその形状が浮き出てしまうのです。自然な胸の形は確保できますが形状が浮き出るので何かを入れているのが丸わかりです。

シリコンバッグ

 

形状が浮き出るのを防ぐ

いくらバストサイズがアップできてもシリコンバッグの形状が出てしまっては今度はそれが悩みになってしまいます。豊胸によって一つ悩みを解決できたものの、形状が出てしまってはまた一難抱えることになります。

これを防ぐために脂肪注入とシリコンバッグを合わせたハイブリッド豊胸手術を行います。バッグの形状が出てしまう個所に脂肪注入を行うことで自然な形の胸を作る方法で、やはりもともと脂肪が少ない方が希望される施術です。

ハイブリッド豊胸

どんな組み合わせでも可能

脂肪注入法にはピュアグラフト、コンデンスリッチ、セリューションなどの施術方法がありますが、ハイブリッド豊胸で脂肪注入をする際どの方法でもシリコンバッグの挿入と組み合わせることができます。

バッグの形状が出てしまうのを抑えるためにも脂肪の定着率が高い方法が適切ですが、質の高い脂肪注入ほど費用も高くなりますので予算の範囲で選択しましょう。特にセリューションを扱っている院は多くないため、コンデンスリッチがおススメの施術方法になります。

 

ハイブリッド豊胸の施術に関して

ハイブリッド豊胸はシリコンバッグの挿入も脂肪注入も行いますので採血が必要になります。健康に問題がない方は受けることができますが、あまりにも痩せていて吸引する脂肪が全くない方は受けられないこともあります。

 

施術の順序としてはまず最初に麻酔を打ってもらいます。硬膜外麻酔を使用する場合は眠ることなく何も感じない状態になるだけですが、ハイブリッド豊胸の際に硬膜外麻酔を使用する院は少ないと思います。

(麻酔後は基本的に眠っている状態なので起きれば手術完了しているのですが)麻酔後に太ももや腰から脂肪吸引を行い脂肪細胞と幹細胞を抽出し、その後脇の下を切開してシリコンバッグを乳腺下に挿入します。

胸にバッグを挿入し終わると、バッグの輪郭(形状)が出てしまっている個所を確認してから先ほど抽出した脂肪を注入します。この際単に形状を抑える注入に留まるのではなく谷間の立体感や胸上部の張りを出し自然な形を目指します。

 

術後の通院

術後の通院頻度は院によって異なりますがだいたいどこでも2回(術後3日目あたりと7日目前後)行うところが多いようです。最初の通院日ではガーゼ交換と脂肪吸引個所の圧迫固定を取り外し可能であればそれも行います。

2回目の通院では経過観察が中心です。1回目の通院時に圧迫固定を外していないならばこの時に取り外します。挿入したバッグによってはカプセル拘縮を防ぐためのマッサージ方法が必要になるのでそれを教えてもらったりします。

また通院日以外にも電話やメールでの相談を随時受け付ける院も多いので心配事があれば積極的に活用しましょう。

 

ハイブリッド豊胸後について

痛みとダウンタイム

脂肪注入やシリコンバッグ豊胸のようにダウンタイムがあります。ハイブリッド豊胸の場合は脂肪吸引も行うため脂肪注入法の様に吸引個所と注入個所の2か所を固定し、きつい圧迫固定は3日ほど、その後は簡易の圧迫に移ります。

完全に痛みが取れるまでには1か月以上かかることもありますが、我慢できる程度の痛みに落ち着くのは1~2週間ほどと言われています。仕事をされている方は2週間ほど休みを取り、その後再開されることが多いようです。

ただしこれはあくまでも目安なので人によってダウンタイムの期間は異なります。そのため術後すぐか通院の際に体の具合によって痛みどめを処方してもらうことがあり、我慢できそうな痛みなら患部を冷やすことで痛みが治まります。

 

形が完成するまで

ダウンタイムは2週間が目安ですがハイブリッドを行った胸の形が自然になるまでにはそれ以上かかります。まず術後すぐは胸も圧迫固定をするので形を見ることができませんので、確認できるのはそれを外してからです。

圧迫固定を外した直後は内出血により胸の色が変色している状態で注入した脂肪もまだ定着しきっていないため理想の形には程遠い状態です。しかしその後まだまだ改善していくので焦る必要はありません。

注入した脂肪の定着や腫れが引いたりシリコンバッグの位置が定まるまでは片方の胸だけが大きかったりバッグの輪郭が出てしまうことがあります。最終的にそれらが改善し綺麗な形におさまるまでに1か月はかかるでしょう。

 

しこりとカプセル拘縮

ハイブリッド豊胸は脂肪注入もシリコン挿入もするためしこりとカプセル拘縮の両方が発生することがあります。これらが悪性化して身体に悪い影響を及ぼすことはないものの、やはり気になるものなので対処が必要です。

しこりについては医師の技術と脂肪注入の種類、体質によって発生具合が異なりますが、基本的にしりこりは発生するものだと考えておいた方がいいです。小さいものだと自然になくなることもありますが、大きいものはステロイド注入により解かすかVASERで解かすか摘出します。

 

カプセル拘縮は必ず発生するものではなくバッグを挿入した方の10人に1人の割合で起こると言われています。拘縮は体内に異物が侵入した際に身体を守るための防御機能なので起こるのは仕方ありませんがちゃんと対処法があります。

カプセル拘縮を防止するために術後3か月間は毎日指定のマッサージ方法を行います。マッサージ以外にも超音波による施術で拘縮を防ぐ方法がありますが、これはどこの院でも別料金で設定されています。

 

ハイブリット豊胸のメリット・デメリット

メリット

メリット
  • 痩せ型の方でも大幅なサイズアップができる
  • 胸の形をつくることができる
デメリット
  • ダウンタイムが長め
  • 費用がかかる
  • 胸の重みに慣れるのに時間がかかる
  • しこりと拘縮2つのリスクがある
  • 体重が増える

 

ハイブリット豊胸の一番のメリットは痩せ型の方であまり胸に脂肪がない方がサイズアップできることではないでしょうか。一旦ハイブリッドで胸の形を作り、その後取り出し脂肪注入で本物の胸にするケースもあるようです。

一方で脂肪吸引と注入、バッグの挿入も行うのでダウンタイムの長さが気になるのがデメリットです。ハイブリットで永久にその形を維持できるかと言うとそうではなく、また何年後かにしこりができ始めることもあるようです。

メリットだけに捉われず、いかにデメリットの部分を軽減するかも重要なポイントです。施術からアフターケアまでしっかりとサポートしてくださる信頼おける医師を見つけて、納得した上で施術を受けるようにしましょう。