脱毛 痛い

エステや脱毛サロンで行う脱毛処理はフラッシュ脱毛が基本なので出力も高くなく、痛みを感じるということはあまりありません。したがって極力お肌にダメージを与えずに脱毛処理ができる点で好まれることもあります。

一方医療レーザー脱毛ではエステサロンのフラッシュに比べて出力・効果が高いので毛1本全体にダメージを与えることができます。しかしそのため毛穴の皮膚にも負担になることがあり、照射によって痛みを感じる事がほとんどです。

 

痛みを感じるのはレーザー自体が熱いからではなく、レーザーに反応した毛が一瞬で熱を持つので、皮膚がその熱を感知して痛みがあると言う仕組みです。なので毛がない場所にレーザー照射しても痛みはありません。

ただ、脱毛する上で気になるのがこの痛みで、どのくらい痛いのかは実際にレーザー照射を受けて見ないとわかりません。毛が薄いと痛みがそれほどないとも言われていますが、出力を高めれば違いは出てくるでしょう。

 

レーザー脱毛の痛みってどんな感じ?

レーザー脱毛の痛みの感じ方は人それぞれですが、よく言われているのは剣山でその個所を軽く刺されている感じです。その他にも輪ゴムが当たった時の様な痛さと言われることもあり、どちらにしても痛みはあるようです。

 

濃さと痛みの関係

先ほど薄いと痛みがそれほどないと言いましたが、毛の濃さとレーザーの痛みは関係があるのかをお話しします。最初に答えを言ってしまうと、濃さによって痛みの具合は変わります。

以前レーザー脱毛の仕組みについてお話ししましたが、レーザーは肌の黒いメラニン色素に反応して毛に熱を持たせます。毛が太くて頑丈なほど黒いメラニン色素は多く含まれているためレーザーによく反応するのです。

 

また濃さだけでなく毛の量も痛みに関係します。当然毛が多い個所はそれだけメラニンを含む毛が密集しているということですので、レーザーに反応する個所が多くなり、熱を感じる範囲が広くなるため少ない個所よりは痛いです。

毛が濃いとレーザーによく反応するものの、濃い毛が1本、2本しかない個所でレーザー照射をしたとしてもあまり痛くはないでしょう。それよりかは産毛であってもたくさん生えている部位にレーザーを当てたときの方が痛みを感じやすいのです。

 

痛い個所ベスト3

毛の濃さと量によって痛みの具合が違うことがわかったところで、次はどの部位が痛いのかをランキング形式でベスト3を挙げたいと思います。このランキングはあくまでも一般的な意見を参考にしていますのでご了承ください。

  1. フェイス
  2. VIO(ハイジーナ)

ベスト3を挙げましたがそれぞれの個所が痛みを感じやすいのにはちゃんと理由があります。それは毛の濃さであったり本数の多さが関係しており、それ以外の要素もありますので一つ一つ見ていきたいと思います。

 

1.フェイス

フェイスは顔の毛の脱毛のことで頬やあご、フェイスライン、口周り、おでこの脱毛を指します。顔はご存知の通り身体の中でも皮膚が非常に薄く、痛感神経の多い場所です。痛みを感じる脳神経の中でも一番太い神経で出来ているためそれに敏感です。

またフェイスの中でも痛みを感じやすい部分と感じにくい部分があり、やはり顔の下半分(頬やフェイスライン、口周り)は痛みに敏感で少し我慢が必要かもしれません。毛が薄いならばその痛みの程度も抑えられるでしょう。

 

2.VIO(ハイジーナ)

最近流行りのVIO脱毛はハイジーナ脱毛とも呼ばれており、またのビキニラインから股下、そしておしりの穴の周りの脱毛を言います。最も人気のあるわき毛脱毛に次いで希望者が多いVIO脱毛で、最近では男性も希望者も増えているようです。

VIO脱毛は部位をイメージしてもわかる通り普段は痛みを感じることがあまりない場所であり、また生理的にも非常に重要なポイントであるため感覚に敏感です。しかも毛の濃さで言えば女性の場合一番濃い毛になるので、レーザーに反応しやすいのです。

 

3.脚

脚の中でもスネやひざ部分はあまり痛みを感じません。しかしふくらはぎ、太もも裏などヒトの体の背面に当たる部分は痛くなりやすいです。人によってはスネの毛は薄いけどもふくらはぎを見ると意外と濃いなんて方もられます。

背面は普段目が届きにくい個所ですが他者からは一目瞭然の部位です。さきほど挙げたふくらはぎや、太ももの裏なんかは特に毛が濃くなりやすい場所です。また量も多いためレーザー照射の際は痛みを感じやすいでしょう。

 

フェイスやVIO部分は痛そうというのがなんとなく想像できるかと思いますが、その他の部位についてはイメージが難しいと思います。わき毛なんかも濃い毛に入りますが、ここは人によって感じ方は様々です。

基本的に身体の内側になっている部分や背面は痛いと感じる個所が多いようです。太ももの裏から内側にかけて、二の腕の内側がその個所です。ただし内側は背面よりも毛が少ないケースがあるので、そのような方はあまり他の部位と変わらないかもしれません。

 

痛みで気になる炎症

脱毛 炎症

ヒトは外部から大きな刺激を受けるとその部分が赤く腫れあがります。レーザー照射の場合も毛が瞬時に高熱を持つことで皮膚がその刺激を受けて、血液成分が透過してダメージを受けた個所を修復するために赤くなります。

ただ、いくら修復のために赤くなると言え脱毛によって肌を綺麗にしたいわけですから腫れてしまっては本末転倒です。仮にそのまま色素沈着や黒ずみの原因にでもなってしまったら何のための脱毛だったのかわかりません。

 

もちろん美容外科やクリニックでのレーザー照射後はそのようには肌のトラブルが起こらないようにアフターケアをしてもらえます。基本的にそのケアも脱毛料金の中に含まれていますので別料金を取られることはありません。

アフターケアとしてはレーザー照射後はすぐに脱毛個所を冷やします。毛が高熱をもって皮膚に刺激になっているので火傷したときと同じ治療法になります。ただし火傷ほど肌に負担になっているわけではないのでご心配なく。

1~2分ほど該当箇所を冷やしたら炎症がひどくならないための軟膏剤を塗ってもらいます。炎症を抑えるものですのでおそらくステロイド剤かステロイド様作用のお薬だと思います。これがよく効くので次の日にはほとんど赤み・腫れは引きます。

 

日焼けにご注意

毛のメラニン色素に関連して理解しておかなければならないのは肌のメラニンです。日本人は西洋の白人の方と比べて肌にメラニンが多く存在しています。決して黒色ではないのですが、色が濃いとレーザーに反応してしまいます。

肌そのものがレーザーに反応すれば当然肌が高熱を持ち火傷を負うことになります。したがって日焼けをしていたり、色素によってもともと黒くなっている部分(ホクロや乳首、シミなど)は照射することができません。

 

女性は男性に比べて色白な方が多く、夏はUVローションで日焼け対策をしていると思いますので大抵はレーザー照射をしても大丈夫です。しかし、先ほど言ったように日焼けしていてメラニンが多いとレーザーの脱毛はNGです。

具体的にどれくらい日焼けしている、地黒だと照射がダメなのかの定義はあいまいです。この変は施術者の方と要相談になりますので一度無料カウンセリングなどを申し込んで聞いてみるのが一番です。

どこの美容クリニックでも脱毛前のカウンセリングだけなら無料で受け付けているところも多いので一度足を運んでみてください。脱毛を受けずに無料相談だけで返っても問題なく、嫌な顔をされることもありません。

美容クリニック側からすれば色黒なのに無理に照射して問題になるのは避けたいので、強引に案内されることはないでしょう。