酵素 効果

「ダイエットには酵素が良い!」「酵素入りの青汁が良い!」なんてよく耳にしますが、そもそも酵素とは何かご存知でしょうか。そして酵素が体内でどのような効果、私達の身体にどんな良さをもたらしてくれるのでしょうか。

 

酵素とは?

ほとんどの酵素はタンパク質(アミノ酸)からできています。酵素は簡単に言ってしまえば『体内で起こる化学反応に関わる物質』です。ここでいう化学反応には例えば以下のようのものです。

  • 唾液でデンプン(炭水化物)を分解する(アミラーゼ)
  • 胃の中でタンパク質を細かく分解する(ペプシン)
  • 筋肉の分解や免疫力の向上で働くグルタミンを合成する(グルタミン合成酵素)

酵素は食べ物を分解したり、成分を合成したりするために存在しているためヒトが生きていくうえで必要不可欠な物質です。酵素単体では1つの効果しかできませんが、私達の体内には3000近い種類の酵素が存在しておりそれぞれが生命維持の役割を果たしてくれています。

ダイエットで言えば食事のエネルギーへの変換、脂肪のエネルギーへの変換(脂肪の燃焼)、デトックス効果(便秘の解消)などがあり、酵素との付き合い方もダイエットを成功させる一因になります。

 

酵素は大きく分けて3つ

多種多様な酵素が存在しその働きも様々ですが、大きく3つに分類することができます。

  1. 消化酵素
  2. 代謝酵素
  3. 食物酵素

消化酵素と代謝酵素は体内で生成される「潜在酵素(体内酵素)」と呼ばれることもあり、一方食物酵素はその名の通り食事により摂り入れられる酵素で体内に吸収されず間接的に潜在酵素に働きかけます。

1.消化酵素の効果

消化酵素は食べた物を体内に吸収しやすくするために分解する酵素で、アミラーゼやペプシンなどがこれに当たります。先ほど言ったように酵素は1つにつき1つの効果しかないため食べ物の種類によって機能する酵素も異なります。

もちろん食べ物の種類分だけ消化酵素が存在しているわけですが、炭水化物の分解を担当する「炭水化物分解酵素」、タンパク質の分解を担当する「タンパク質分解酵素」、そして脂肪の分解を担当する「脂肪分解酵素」の3つに分けられます。

また消化酵素の種類以外にも消化器官によって存在している酵素が異なり、唾液中のアミラーゼ、胃液中のペプシン、膵液に存在するトリプシン、腸液のマルターゼなどがあります。それぞれの器官で分解されて体内へ栄養素として吸収されていきます。

胃液中には脂肪分解酵素が多く存在し、腸液中には炭水化物分解酵素やタンパク質分解酵素が、そして膵液中には炭水化物分解酵素・タンパク質分解酵素・脂肪分解酵素が存在します。

2.代謝酵素の効果

代謝酵素は、消化酵素によって分解され体内に吸収された栄養素をエネルギーに変換する効果を持ちます。お肌のターンオーバー(新陳代謝)、排便、汗の分泌などの代謝にはエネルギーが必要で、そのエネルギーを作っているのが代謝酵素です。

エネルギーの素となるのはアデノシン三リン酸(ATP)という物質であり、これが存在して初めて筋肉を動かしたり肌の保湿力(コラーゲンやエラスチン)が行われ私達の生命維持に欠かせないので「エネルギーの通貨」とも呼ばれています。

また、体内に存在する悪性の活性酸素を除去するのもSODなどの抗酸化酵素(代謝酵素)です。

代謝酵素はエネルギーの通貨であるATPを生成したり、悪性活性酸素を除去する役割を持っているので、いかにこの酵素が大事なのかがわかります。

3.食物酵素の効果

潜在酵素の消化酵素・代謝酵素とは性質がことなる食物酵素はダイエットを目指す方々にとって強い味方となります。

しかし、先ほども少し触れましたが食物酵素は体内には吸収されることなく便として排出されます。つまり食物酵素を摂取したからといって体内の消化酵素や代謝酵素が増えるわけではないのです。

また食物酵素自体は非常にもろく加熱によってその効力を失ってしまいます。加熱の温度とその時間により酵素が死活する目安は以下の通りです。

  • 48度で2時間加熱
  • 50度で20分加熱
  • 53度で2分加熱

酵素は基本的にどのような食物にも含まれていますが、例えばお肉を食べる際はほとんどの場合加熱してから経口摂取すると思いますので、この時摂り入れた食物酵素は既に効力を失っています。

では体内に吸収されず、熱に弱い食物酵素が一体なぜダイエットの強い味方になるのでしょうか。その理由を知る前に、まず消化酵素と代謝酵素の消費バランスについて理解しておきましょう。

 

消化酵素と代謝酵素の重要なバランス

潜在酵素の使用割合はあなたが口に入れた食事によって変わります。

消化が悪い食べ物(お肉、バターなど)を大量に食べればそれだけ消化効果が優先され消化酵素が大量に使われます。潜在酵素のほとんどが消化酵素として使われてしまうと、代謝酵素として働ける量は反比例して少なくなります。

体内で働く代謝酵素の分量が少なくなると新陳代謝が悪くなり、エネルギー変換や排便などがうまく機能しなくなり身体の不調が発生します。

逆に消化酵素が働く量を少なくし代謝酵素が働く量を多くするために少ない食事しかとらない食生活を続けていると、そもそも生命維持のために身体が吸収すべき栄養が不足しこの場合も身体が不調を起こします。

極端にどちらかの使用量が多ければ良いわけではなく、できるだけバランスよくそれぞれが機能できるように食生活を送る必要があるのです。

消化が良い食べ物・悪い食べ物

消化とは口に入れた食べ物を分解してその栄養素を体内に吸収できる状態にすることです。身体では食物の「分解」が行われない栄養素の吸収ができないのです。その状態にするために消化酵素が働くとお伝えしてきました。

消化する早さは体質にもよりますが、食べ物によっても消化の良い物・悪い物があります。例えば果物は消化が非常によくお腹に入れて30分ほどで消化され、一方で肉や魚、乳製品などのタンパク質は消化に時間がかかり10時間~24時間ほどかかります。

参考までに消化の良い食品と悪い食品を挙げておきます。(あくまでも目安です。)

消化の良い食べ物

消化が良い食べ物の中でも消化時間は異なります。酵素が2時間以内に分解できる食物が「消化の良い食べ物」の目安になるでしょう。

  • :20分以内
  • 野菜ジュース:20分ほど
  • 青汁:20分ほど
  • 果物:メロン、スイカ、ジュース、オレンジ、グレープフルーツ、りんご、桃、バナナなど。消化の早いもの順で記載。メロンやスイカは20分ほどで消化、バナナは1時間ほど。
  • 野菜:レタス、トマト、キュウリ、ジャガイモ、大豆など。消化の早いもの順で記載。レタスやトマトは1時間ほど、ジャガイモは1時間半~2時間、大豆は2時間程度。
  • 穀類

やはり野菜、果物は圧倒的に消化が良いです。

消化の悪い食べ物

「消化が悪い」と聞くと聞こえは良くないので「消化に時間がかかる食べ物」として考えてください。消化に時間がかかるからと言ってそれが身体に悪い食べ物だということではありませんので誤解のないように。

  • 野菜ごぼう、さつまいも、こんやく、れんこんなど。消化の早いもの順で記載、3時間程度かかる。
  • 穀類米、そば、うどん。米や蕎麦は3時間程度で消化するがうどんはそれ以上かかる。
  • 肉類ささみ、牛肉、魚。タンパク質が豊富な肉類は消化に時間がかかる。
  • その他:卵、乳製品など。これらは特に時間がかかり8時間~12時間ほど要する。

消化に時間がかかるものは、言い換えれば腹持ちが良い食べ物です。これらは三色食品群の中で「赤色の食べ物:血や肉を作る」と言われており健康維持にも欠かせない栄養素です。ただしダイエット期間中に多く摂り過ぎるのは不適切です。

ダイエット中はできるだけ消化の良い食べ物を

消化に時間がかかる物ばかり食べていると、それだけ潜在酵素の多くが消化酵素が使われ代謝酵素の使用効率が下がります。

体脂肪(トリアシルグリセロール)は脂肪分解酵素であるリパーゼの効果によって遊離脂肪酸とモノアシルグリセロール(グリセリン)に分解され、これらが血液へと運ばれた後に筋肉にたどり着き運動エネルギーとして使用されます。

つまり体脂肪を燃焼する過程で代謝酵素が使用されるため、紹介の悪い食事によって潜在酵素を消化酵素として大量に消費してしまうと体脂肪の燃料や代謝効率下げてしまうことになります。

したがってダイエット期間中にはできるだけ消化酵素の使用割合が少なくて済む消化の良い食べ物を中心にすることが望ましいです。

 

食物酵素の効果と摂取する意味

潜在酵素は体内で合成される酵素なので食事によって摂り入れることはできません。一方食物酵素は食材(主に野菜や果物)に含まれている酵素のことですが、こちらも体内に酵素として吸収されるわけではありません。(消化酵素によって分解された後吸収されアミノ酸の原料にはなります。)

では食物酵素を取る意味はないのでしょうか。

まったく意味がないわけではなく、食物酵素を含む食べ物はそれ自体に酵素を含んでいるため体内の消化酵素をあまり消費せずに分解、吸収されてきます。もちろんこの時吸収されるのは食物酵素ではなく「食物酵素が存在している食べ物に含まれている別の栄養素」です。

消化酵素を多く使用する必要がないため一方で代謝酵素が機能する分量に余裕ができ、体脂肪の分解などの代謝がより効率良く行われることになります。つまり代謝の良い身体を作るために食物酵素が多い食事(野菜や果物を多く取り入れた食事)は大いに意味があります。

ただしダイエット中の方はフルーツの摂取には注意が必要です。なぜならフルーツには酵素以外に糖分も多く含んでおり、摂取したものの消費されなかった糖質は体脂肪となって蓄えられるからです。

食物酵素が多い食品

基本的に消化時間が早い食べ物は食物酵素が多いです。何度も挙げているように野菜、果物は酵素を多く含んでおり(また成分のほどんが水分なので)少ない量の消化酵素で消化されます。

  • 野菜:レタス、キャベツ、大根、トマト、ニンジン、キュウリ、ジャガイモ
  • 果物:メロン、スイカ、キウイ、オレンジ、グレープフルーツ、アボガド、りんご、桃、バナナ

 

酵素の嘘と酵素にこだわらない大切さ

さてここまであれこれ説明してきましたが、実はここで挙げている酵素の種類や役割は一般的には上記の通り言われているものの科学的エビデンスが全くありません。

  • 酵素は大きく消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3つに分類できる
  • 消化酵素と代謝酵素が働く量の割合は関係性がある
  • 食物酵素を摂れば消化酵素が節約され代謝酵素が多く働ける

この他にも「ヒトが1日(又は一生)に体内で生成できる酵素の量には限りがある」などの説明をされていることがあり、これらはエドワード・ハウエル博士が提唱した「酵素栄養学」に基づくものです。

しかし残念ながら酵素栄養学自体も矛盾点が多く根拠がないのが実際のところです。

 

確かに「酵素」はヒトの体内に多数存在しており消化から代謝まで生命維持に欠かせない役割を担っています。しかし、そもそも外から吸収できダイエットだけに何かしらの効果を与えてくれるものではありません。

酵素栄養学の全てが嘘で片付けられるわけではないと思いますが、ダイエット生活に積極的に酵素を摂り入れたところで大きな変化は期待できないでしょう。

ご紹介した酵素の力を信じるかどうかはあなた次第です。ただ、ダイエットは一つの成分だけで成功するものではありませんので酵素だけにこだわらない生活習慣を送ることが大切です。