高濃度水素水 効果

老化の原因になり得る活性酸素

加齢などによるお肌の老化現象には生活習慣が深く関わっているため、人によって悩みが異なってきます。そもそもお肌の老化現象の原因には活性酸素というものがあります。

これは体内に侵入してきた有害物質(例えば大気汚染や紫外線など)を退治するために白血球が作り出す免疫機能(善玉活性酸素)のことです。一見したら悪いものには考えられないこの活性酸素ですが、近年の生活習慣の中で加工食品やジャンクフード、喫煙、ストレスなどが増えてきていることからこの活性酸素が過剰に作り出されるようになってしまっています。

すると、過剰に作り出された活性酸素(善玉活性酸素)は悪玉活性酸素へと姿を変えて、体を酸化させていきます。これが老化や病気の原因となっているのです。よって、生活習慣は人によって様々であるがためにお肌のトラブルの現れ方もそのお悩みも例え同じような年齢であっても差が出てきてしまうのです。

 

活性酸素の肌への悪影響

抗酸化力とは文字の通り酸化に抗う力です。先に、老化の表れの原因は悪玉活性酸素によるお肌の酸化が原因だとお伝えしました。すなわちこの酸化に抗ってくれる力として水素は非常に強力な力を持っているためアンチエイジングに効果が期待されているというわけです。

もっと具体的に活性酸素が及ぼす肌への影響と、水素の必要性を紐解いていきます。例えば、女性の多くは悩みの種となる「シミ、しわ、くすみ」これらは過酸化脂質とメラニン色素が主な要因です。

これも、先にお伝えした活性酸素が深く関係しています。酸化力の強い活性酸素は実はそのものは不安定な物質から成ります。その物質は不安定なので体内でなにかと結びつこうとする性質がありますが、肌の中で脂質と結びつくと過酸化脂質へと変化します。

酸化した脂質はドロドロで、周りを巻き込んで増え続け、「シミ、しわ、くすみ」として広がっていくのです。更にメラニン色素も活性酸素(善玉活性酸素)が紫外線から身を守るために作ったシロチナーゼという酵素を活性化させてメラニン色素を増加させてしまいます。

また、同じく悩みの種である徐々になくなっていくお肌の潤いはコラーゲンが酸化し硬くなってしまい、水分を保持できなくなってしまう上に古いコラーゲンが酸化して縮むことこれこそがしわの原因になります。

 

活性酸素の体内への悪影響

活性酸素は呼吸によって取り込まれた酸素を細胞内のミトコンドリアが新陳代謝のために発生させ、本来は必要不可欠でその量が適量であればヒトの身体で良い働きをします。しかし問題はその活性酸素の量が年齢やストレス、生活習慣などの影響で過剰になってしまうことです。

体内で過剰になった活性酸素はやがてどのような病気の原因にもなり、例えば以下のような大きな病気を引き起こします。

  1. がん
  2. 動脈硬化、心筋梗塞
  3. 糖尿病
1.がん

がんはDNAを含む健常な細胞が破壊され変異によってがん細胞が増え進行する病気ですが、もともと健常な細胞壁を酸化させて壊し細胞内へ侵入してがん細胞に変換させているのは活性酸素です。

2.血液の老化、心筋梗塞

コレステロール(脂質)は肌の皮脂や細胞膜の成分として重要な役割を果たし、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)によって体中へと運ばれます。そうです、悪玉と言っても本来は身体に取って大切な機能を果たしているのです。

しかしこのLDLコレステロールも血管の健康を保つために管の内側に働きかけるとここで活性酸素の標的になり酸化してしまい、不純物である酸化LDLへと変化してしまいます。不純物であるため取り除く必要があり、大喰細胞と呼ばれるマクロファージが酸化LDLを除去のために食いつくします。

酸化LDLを食べたマクロファージはまるで自爆のようにして酸化LDLを破壊しますが、そのあとには死んだコレステロールの塊が作られこれが過剰になると血管がつまり、動脈硬化を引き起こし心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

3.糖尿病

糖尿病は食事によって取り込んだブドウ糖を細胞に届ける役目を果たすインスリンの量が著しく低下してしまう病気で、インスリン量が少ないとブドウ糖を細胞に運ぶ分量が減り、逆に血液中の糖(血糖値)が異常に高くなってしまいます。

糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化を引き起こす原因にもなりアメリカの糖尿病患者のうち約70%が脳梗塞や心筋梗塞を発症して亡くなっています。

インスリンは膵臓(すいぞう)の約8割を構成しているβ細胞によって生成されます。β細胞はその性質上酸化ストレスに弱いため活性酸素の影響を受けるとインスリンの生成に支障をきたすと言われています。

 

以上のように身体の外側(肌)と内側(体内)で悪影響を及ぼす活性酸素は、ヒトが呼吸をして酸素を取り入れ生きている限り一生付き合わなければならない物質です。問題は活性酸素自体ではなく、不必要に多いものが悪さをしてしまうことにあります。

つまりアンチエイジングや病気の予防のために活性酸素を一定量に保つことが大切なのです。

 

活性酸素対策で注目される水素水

余分な活性酸素を除去する抗酸化成分は酵素、ビタミンC、ビタミンE、アキタスサンチンなどが有名ですがこれ以上に強力な抗酸化作用を持つのが水素です。

今日医学的にも注目を浴びる水素は何故美容と健康にいいのでしょうか。水素水をいたるところで耳にする機会が多くなり、アンチエイジングや病気予防の効果があると雑誌やインターネットでも取り上げられています。

では、ここから具体的にどのように水素が活性酸素に作用するのかを見ていきます。

 

水素の効果

アンチエイジング

水素は宇宙一細かい分子でできています。人間の皮膚は体を守るために強力なバリアを張っていますが、水素はその細かさで簡単に浸透していき細胞の隅々までいきわたります。水素が体内のフリーラジカル(イオンや分子など)と結びつくと無害な水になり抗酸化力を発揮します。

抗酸化力を持った水素は酸化力の強い悪玉活性酸素にだけ作用し、他の大切な細胞が劣化してしまうのを防いでくれます。また優れた抗酸化作用の他にも、優れた抗炎症作用も持ち合わせています。

例えば乾燥によって起こるかさつきや赤みなどが肌の小さな炎症の一種です。

体の外側(紫外線など)、内側(ホルモンバランスなど)からのストレスにより肌が炎症を起こしてしまうわけですが、炎症の原因となる物質は細胞が出す炎症性サイトカインという原因物質であり、水素はこれを適度にストップさせ症状を最小限に抑える働きがあります。

 

2014年に公益社団法人日本薬学会が出版するBIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETINに掲載された水素水の研究論文によれば、高濃度水素水(1.5 ppm)をアトピー性皮膚炎を持つマウスに飲水投与したところ、水素水はサイトカインやアトピー関連組織の機能低下をさせ臨床的症状も改善させたとのこと。つまり高濃度水素が皮膚の炎症の治療に有効であるとのデータが示された。

引用元:国立生物工学情報センター(NCBI)のデータベースより

 

健康への効果

先ほどがんや動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病の原因は活性酸素だとお伝えしましたが、これらに限らず病気の約8割の根本的なところには悪玉活性酸素の存在があります。

細胞膜やコレステロールに働きかけ酸化させ、遺伝子を突然変異させたり血中に酸化コレステロールを作り大きな病気を発症してしまうのです。水素水はそのような活性酸素と選択的に結合して体外に排出します。

最も小さい分子で血中からどのような場所へも移動できる性質を持っているため、経口摂取(飲む)により症状がなくまだ自覚のない黄色信号の組織に作用し病気の予防ができるのです。

2015年に海外の学術コミュニティが運営するPeel Jに掲載された研究データによれば 水素水と抗がん剤を併用させてガンの増殖抑制作用をテストした結果、抗酸化作用やアポトーシス(細胞が身体の健康を保つために自主的に死ぬこと)などの作用が著しく発現したとのこと。つまり水素水が抗がん剤の作用を強化する役割を持つという根拠が示された。(ただし動物実験におけるデータ)

引用元:国立生物工学情報センター(NCBI)のデータベースより

 

水素を食品添加物とすることは厚生労働省からも認可されており、2000年から2007年まで継続的に調査が行われ、その間も水素の食品添加物としての安全性は認められています。( → 168番目の添加物「水素」厚生労働省行政情報-食品添加物リスト

また2012年に行われたマイボスコム株式会社の調査では20代~50代までの女性が今後取り入れたい美容成分のランキングの4番目に水素がランクインしています。1位に酵素、2位にミネラル、3位にプラチナときて4位に水素です。

 

水素水に副作用はないのか

お伝えしたように厚生労働省から食品添加物として認可されている成分なので安全です。また過剰摂取による副作用もないとされています。

抗酸化作用を持つ成分は水素の他にビタミンEやビタミンCなどがありますが、これらは体内で善玉として働くスーパーオキシド、過酸化水素(活性酸素分子種-ノンラジカル種)、一酸化窒素(活性酸素分子種-ラジカル種)と言った活性酸素をも抑制してしまうことがあります。

しかし水素はそのような人体にとって良い働きをする活性酸素には作用せず、先ほど挙げたような悪玉活性酸素だけを選択して働きかけるため安全性に優れています。厚生労働省が添加物として認可しているのもこのような水素の性質があるからです。

つまり水素水にはこれと言ったリスクがなく過剰に摂ったとしても余った分は呼吸と共に排出されるため、常識を超えた摂取(水素水を水分としてを1日3リットル以上飲むなど)をしない限り副作用はありません。

 

水素水の研究は現在進行中

ここまで見ると水素水がいかに優れているものかお分かりいただけると思いますが、実は水素水の研究はまだまだエビデンス(証拠)が少なく、研究論文として発表されているもののほとんどはヒトではない動物実験におけるものです。

マウスや豚で作用させた水素水が同じようにヒトにも効果があるのかどうかかはまだ研究が続けられている最中で、学者の中では効果があるとする説・ないとする説が真っ二つに分かれています。

水素水に限らずビタミンやミネラルのサプリメントでも成分としてはしっかりしているものの、食生活で十分にそれが補えているケースではあまり効果を感じないといった状況になることもあります。

要は今後水素水に確かな根拠が示されたとしても人によってその効果の感じ方は異なるでしょう。ただ、摂取するからにはその水素水がホンモノでなければなりません。

 

高濃度水素水を正しく選ぶために

水素自体は無味無臭です。中にはこれを逆手にとって商品販売している会社もあり、高濃度水素水として販売しておきながら実は水素がまったく含有されていなかったり、正しい保存がされておらずいざ飲もうとした時には容器から抜けてしまっていることもあります。

水素は非常に優れた成分でありながら保存や扱いには非常にデリケートですので、これらから高濃度水素水を手に取る人が正しいものを選択できるように保存・含有・溶存量などついてお伝えします。

ちなみに以下で出てくる「ppm」とは1Lの水の中に存在する水素の量を表すものです。例えば1.0ppmなら1mg/Lの水素が、2.0ppmなら2mg/Lの水素が溶存されており通常の気温や気圧の状況では1.6ppmが水素の飽和濃度(限界)とされています。

 

水素の摂取推奨量と水素水の摂取推奨量

水素水を飲んでもその全てが体内で機能するわけではなく一度に摂取したうちの約40%が体内で消費されると言われています。例えば1.0ppmの水素水を飲んだら体内で機能するのは0.4mgのみです。(引用元:Estimation of Molecular Hydrogen Consumption in the Human Whole Body After the Ingestion of Hydrogen-Rich Water|Springer Link

そして必ず約40%摂取するわけではなく、体内の悪玉活性酸素の量に応じて吸収量は増減します。

水素水の1日の摂取は推奨量は情報元によってかなりばらつきがあり凡そどこでも当てはまる分量の1000mlで考えると、推奨の水素分量は(飽和値の1.6ppmで計算)1.6mgになります。

吸収量が40%で水素溶存量1.6ppmの水素水を飲み1日に必要な1.6mgの水素分量を摂取するためには1日に2.5リットルの水素水を飲む必要があります。水素を抜きにして通常の水分摂取推奨量は1日2リットル~2.5リットルと言われていますので、1日で摂取するすべての水を水素水で摂って初めて水素の推奨摂取量(1.6mg 仮)に達します。

つまり水素の推奨量が約1.6mgかそれ以上だとすれば毎日の水分は必ず水素水で摂るか、飽和量1.6ppmを越える高濃度水素水で適切な水分量を摂るかのどちらかを選択しなければなりません。

水素が正しい方法で溶存されており濃度が高ければ高いほど効果があるのです。

 

「充填時」の言葉に要注意

充填時とはその名の通り水に水素を入れ、圧力を加えて水素水を完成させたものを容器に入れたその瞬間の時のことです。いくつかの市販の水素水では容器の裏面などに小さく「充填時溶剤水素濃度○ppm」「△ppm(充填時)」といった形で書かれています。

「溶存水素濃度1.6ppm(充填時)」なら工場で生成して容器に入れた時の水素濃度が1.6mg/Lであって、手元に届いた時の濃度は不明なので注意しなければなりません。なぜなら水素では以下のようなことが起こるからです。

 

水素は簡単に抜ける

水素は最も小さい分子のためペットボトルのように分子が大きい素材で作られている容器に入れても簡単に抜けてしまいます。現在市販で取り扱われている容器には以下のものがあります。

  1. ペットボトル
  2. アルミボトル
  3. アルミパウチ
1.ペットボトル

お伝えしたようにペットボトルの素材は水素よりも分子が大きいのでこの間を縫って抜けていってしまいます。確かに充填時はパッケージに表記されている通りの濃度かもしれませんが、24時間もすれば水素濃度はほぼ0になります。

2.アルミボトル

こちらはペットボトルに比べれば素材の密着度が高く、長く保存できるとされていますがこちらも時間が経てば液体中の濃度はほぼ0になります。最近は水素水用アルミボトルなども販売されていますがどこまで水素を保存できているのかは不明です。

3.アルミパウチ

アルミパウチの容器は上記2つに比べて水素水の保存能力が非常に高く、半年は保存が効くためこの期間以内に工場で作られ手元に届くものなら溶存水素濃度はパッケージに記載してある通りでしょう。

つまり市販で水素水を購入する時はアルミパウチ容器のものなら「溶存水素濃度1.6ppm(充填時)」と書いている商品であっても、手元に届いた時水素濃度はそのままなので水素水として身体に作用します。

 

フタを開けるとすぐに逃げる

ただしアルミパウチの容器だからと言って、飲み始めて残ったらフタをするような飲み方では水素はすぐに逃げてしまいます。

なぜなら水に溶存している水素は加圧などの特殊な製造により高濃度水素水としてアルミパウチ内に収まっており、フタを開けると高気圧状態の容器から見る見るうちに気圧の低い空気中に逃げてしまうからです。

たとえフタをしっかりと閉めても容器内に入ってしまった酸素が水素水中の水素と結合してしまうため、これも水素濃度を薄める結果になります。そのためアルミパウチ容器の水素水でも開封後はすばやく飲み干さなければ効果が弱まってしまいます。

 

ここまで見てきたとこと考えると、(アルミパウチ容器のものを除き)市販の水素水は購入した時よりも工場で生成された時の状態が一番高品質であると言えます。このことから現在では自宅で水素水を作りすぐに飲めるタイプの商品が販売されています。

 

セルフで作る水素水スティック

スティックタイプの水素水生成装置をキャップ部分にはめたり、ボトルの中に入れて時間を置き高濃度水素水を作ります。購入時はボトルと水素水生成スティックのみが手元に届き、あとはセルフでスティックと水を入れて完了です。

商品によって水素水が生成されるまでの時間は異なりますが早くて5分程度、遅くても10分ほどで完了します。セルフで作ると言っても難しいものではなくスティックをそのまま入れたり刺したりするだけの簡単なものです。

 

送られてくるボトルについて

これも商品によりますが容器は何も加工していない通常のペットボトルが送られてくるケースがあります。これでは先ほど説明したようにすぐに水素水が容器から逃げてしまうのではないかと思われるでしょう。

しかし心配はご無用で、容器の中に浸けた水素水スティックが水素を生成するスピードの方が抜けるスピードよりも圧倒的に早いため適切に時間を置けば置くほど溶存水素濃度は高まっていきます。

もちろんスティックを浸けたまま適切な時間以上つけ続けてもそれ以上濃度は高くならず、今度は抜けるスピードが上回りますのでなるべく早く消費しなければなりません。

セルフで生成した水素を逃さないために

ただやはり通常のペットボトルでは水素を生成している間、徐々に水素が抜けていってしまいます。保存方法においてはデリケートな成分ですので、水素濃度を保ちたいならしっかりとした容器が必要です。

そのためセルフで作る水素水専用のボトルが使用されているケースもあります。水素濃度を薄めないだけでなく、生成時に加わる容器内の圧力に耐えうる加工がなされておりまさに専用の容器です(通常のボトルでは生成時に発生する圧力に耐えられない場合があります)。

このようなタイプの水素水はボトルにもコストがかかっているので他のものより少し値段が高くなるものの、出来立ての高濃度水素水を摂取できるが何よりのメリットです。

 

おすすめの水素濃度は?

では水素水を購入する上でおすすめの濃度はどれくらいなのでしょうか。

【水素の摂取推奨量と水素水の摂取推奨量】でもお伝えしたように高濃度であればあるほど飲む水分の量は少なくて済みます。1日2~2.5リットルを全て水素水で摂るのはあまり現実的ではなくそれだけ費用も掛かるのでやはり高濃度水素水を選ぶに越したことはありません。

商品を購入する際に目安にする濃度は「0.8ppm以上」のものです。さらに言えば1.6ppm以上の高濃度水素水でも購入してから手元に届くまでの時間で溶存濃度が低くなる可能性もあるため、出来立てをすぐに飲まない状況であれば0.8ppm以上のものはどれもあまり変わりがないとされています。

セルフで作る高濃度水素水でもいいが値段は少し高い

逆に出来立ての状態の高濃度水素水ならばパッケージに表示されている濃度分のすべてを吸収できなくても、工場やお店から容器に入って送られてくるものと比較すればかなり多くの水素を摂取できます。

ただ濃度が高い水を飲める分値段が少々高くなります。しかしこれも低い溶存濃度のものは大量に買い大量に飲まなければならないことと比べれば、結局はトータルのコスト的にセルフ高濃度水素水の方がお得になるのかもしれません。

 

高濃度水素水を正しく選ぶためのまとめ

以上長々と水素水のあれこれについて見てきましたが、高濃度水素水を選ぶ際に抑えておくべきポイントは以下です。

  • 「充填時」の言葉に気を付けること
  • 「充填時」の記載があってもアルミパウチ容器の水素水は濃度が信頼できる
  • ペットボトルやアルミボトルで送られてくる水素水は飲むときには水素溶存量が0の可能性もある
  • アルミパウチ容器でも一度フタを開けると見る見るうちに水素が飛んでいく
  • 出来立て高濃度水素水がほしいならセルフタイプ(スティックタイプ)がおすすめ
  • セルフタイプで作りすぐに飲み干すなら通常のペットボトルでもOK
  • セルフタイプで専用ペットボトルならさらに良い