サプリメント チャップアップ

育毛と言えば育毛剤やシャンプーが主流ですが、生活習慣や食生活も抜け毛・薄毛に影響するため身体の内側から育毛をサポートするサプリメントを使用する例も少なくありません。

育毛サプリメントの世界でそれをサポートする成分として有名なのはノコギリヤシや亜鉛があり、今回ご紹介するチャップアップシャンプーにもその2つの成分がツートップで主役となっています。

それ以外にも髪の生成に必要な栄養素を摂り入れているチャップアップサプリですが、摂取することでいったいどのような効果があるのでしょうか。

また摂り入れることでの副作用などはないのかなどを成分から見ていきたいと思います。

 

薄毛の原因は身体の内側に

薄毛・抜け毛の原因は主に食生活、生活習慣、年齢にあります。紫外線や毛穴の汚れと言った外的要因も若干影響しますがその割合は小さいです。

例えばAGA(男性型脱毛症)は体内の男性ホルモン・テストステロンが5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、これが毛髪の生成に関わる毛穴組織のレセプター(ホルモンの受け皿)に結び着き抜け毛・薄毛を引き起こすと言われています。

つまり脱毛の過程が体内で起こっているため育毛剤やシャンプーなどの外用剤ではうまくそれに対応できず大きな効果は期待できません。一部の育毛剤(医薬品)は一定の効果があると日本皮膚科学会でも報告されていますが、これは国内において承認されているものではありません。

 

体内で起こっていることに対応するためには適切な食事や内服薬摂取の必要があります。髪の毛の成分である必須アミノ酸は食事でのみ摂れ、また厚労省が唯一薄毛の進行を予防すると認めている薬も内服薬として効果を発揮します。

なので薄毛・抜け毛の予防を本格的に行いたい場合、外用剤でのケアだけでなく経口摂取でのケアも必要になります。

 

サプリメントは栄養補助食品

経口摂取できて尚且つ気軽に始められるものと言えばサプリメントです。

ここで一つ注意しておきたいのは、サプリメントはあくまでも栄養補助食品であり薬ではないと言うことです。どういうことかと言いますと、確かに育毛サプリは育毛・発毛に必要な成分を配合して作られておりそれ向きの商品です。

ただ医薬品ではなく、市販でよく見る『ビタミンCサプリ』『マルチビタミンサプリ』のような類のものと同じで、それを飲めばすぐに効果が出ると言うものではありません。ましてや劇的な変化をもたらすものでもありません。

 

サプリメントは通常の食事と一緒に摂ることで本来必要な栄養素を補うことが目的なので、育毛サプリを使用し始めるとすぐに薄毛・抜け毛が改善されるのでははないのです。

もしもこれまでの食事で発毛・育毛の際に必要な栄養素が摂りていなかったのであれば、サプリメントを使用することでそれが補われて少しは良くなったかなと感じることはあると思います。

もちろんそれもすぐに感じられるのではなく、ずっと(食事のように習慣として)使用し続けて初めて少しは良くなったと思うほどでしょう。栄養補助食品という性質上、大きな期待をするのは適切ではありません。

 

ノコギリヤシ、亜鉛は不足しやすい

薄毛対策に効果的なノコギリヤシはそもそも通常の食事から摂ることはできずサプリメントによって補わなければ摂取は不可能です。なぜならこの成分自体、私達が普段口にする食物に含まれていないからです。(ノコギリヤシの詳細は以下URL参照)

一方亜鉛は髪の毛を生成しているタンパク質の合成の際に非常に重要な役割を果たし、発毛・育毛のためには欠かせない成分と言っても過言ではありません。髪だけでなく生殖機能や免疫細胞の働きも強化します。

亜鉛はノコギリヤシと違い通常の食物から摂取できます。

  • 牡蠣
  • するめ
  • カニ
  • レバー
  • 牛肉

などに多く含まれていますが、2009年に実施された国民健康栄養調査では成人男性で平均8.8mgを摂取しており、推奨量の10mgに届いておらず不足していることがわかりました。

亜鉛が不足しても直ちに身体の不調を訴える自体にはなりませんが、髪を生成する上で重要なファクターを担うのでAGA対策や薄毛が気になりだした方は意識して摂っておきたいところです。

 

チャップアップにはノコギリヤシ、亜鉛以外の成分も配合されていますが主にそれらを補うための育毛サプリメントという認識を持っておくのが良いでしょう。栄養補助食品とは言え成分は非常にしっかりしています。

 

チャップアップを購入してみました

そんなこんなでチャップアップのサプリメントを購入しました。注文から2日後に以下のような梱包で届きます。

梱包 育毛

 

中身はこんな感じです。サプリメントとカタログ・納品書です。

サプリメント カタログ

 

錠剤はこのようにかなり小さいので慣れている方は水なしで飲んでしまえるでしょう。

サプリメント ノコギリヤシ

 

チャップアップサプリの成分一覧

全成分

ノコギリヤシエキス、食用酵母、フィーバーフュー乾燥エキス、唐辛子、イチョウ葉エキス末、L-シトルリン、キダチアロエ、ローズマリー、シャンピニオンエキス末(マッシュルーム、デキストリン)、マカ末、チオクト酸、ケイヒ、オート麦地上部エキス、セルロース、ステアリン酸カルシウム、チャ抽出物、ヒアルロン酸、L-ヒスチジン、L-プロリン、L-フェニルアラニン、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

ノコギリヤシエキス

ヤシ科のハーブの一種で果実から抽出される天然成分です。AGAを進行させる酵素である5a-リダクターゼの働きを抑える効果があるとされています。AGAの進行を遅らせるあるいは脱毛の予防効果が期待されています。

食用酵母(亜鉛)

食用酵母の一例として、サッカロミセスがあります。サッカロミセスの代表的なものとしてはビール酵母、パン酵母、日本酒用酵母があげられます。亜鉛を含む食用酵母も開発され、注目されています。

フィーバーフュー乾燥エキス

キク科のフィーバーフュー、別名、夏白菊を乾燥させて作られた成分です。葉や茎はハーブとして使用されています。片頭痛の予防や軽減に効果があるとされています。リラックス効果も期待されているハーブです。

唐辛子

ナス科の唐辛子の実を乾燥させて抽出した成分です。唐辛子に含まれるカプサイシンはエネルギー代謝や体脂肪の分解を促進する働きがあります。また血流を改善し、血行を促進するため、毛母細胞を活性化する効果も期待されています。

イチョウ葉エキス末

イチョウ科のイチョウ、別名、銀杏の葉を乾燥させてアルコールなどを使用して抽出した天然成分です。フラボノイドが多量に含まれています。保水や保湿効果が高く、皮膚の柔軟効果も期待されています。血流改善作用があるため毛母細胞の活性化など育毛への効果が期待されています。

L-シトルリン

スイカから発見されたアミノ酸の一種でたんぱく質と結合しない、アミノ酸単体の形で体内に存在する遊離アミノ酸であるといわれています。血管を広げ血流を改善する働きがあるため毛母細胞を活性化する効果も期待されています。

キダチアロエ

ツルボラン亜科(ユリ科)の多肉植物のアロエは500種類ほどあり、キダチアロエはその中のひとつで、日本の家庭で栽培されているほとんどがキダチアロエであるといわれています。便秘改善作用や消化促進作用、抗炎症作用などに優れた成分です。

ローズマリー

シソ科のローズマリー、別名マンネンロウの葉や花から抽出された天然成分です。血行促進作用、抗酸化作用、抗菌・抗炎症作用に優れています。またフケや脱毛も予防できるとされていることからシャンプー等に配合されることも多いのが特徴です。また酸化防止剤としての効果も期待されています。

シャンピニオンエキス末(マッシュルーム、デキストリン)

ハラタケ科のツクリタケから抽出される天然成分です。ツクリタケは西洋マッシュルームのひとつといわれており、学術名はアガリカスビスポーラスです。腸内の細菌の繁殖を抑え腸内環境を整える働きがあることから、排せつ物の消臭効果が期待されている成分です。

マカ末

南米ペルー、アンデスのふもとに植生するアブラナ科のマカから抽出された成分です。アルギニン酸、リジン、プロリンをはじめとして18種類のアミノ酸、亜鉛、鉄、9種類のミネラルを含んでいます。ホルモンバランスを整える働きや滋養強壮効果が期待される成分です。

チオクト酸

別名、α-リポ酸と呼ばれている成分です。糖の代謝を促進する働きや抗酸化作用を持つ補酵素です。髪の毛や皮膚の色を決めるメラニンの生成を抑制する効果や線維芽細胞の増加効果も注目されています。

ケイヒ

クスノキ科のニッケイの樹皮から抽出される天然成分で、桂皮とも記載され、一般的にはシナモンと呼ばれています。古くから漢方薬としても使用されてきました。免疫力改善、血流改善、整腸、滋養強壮の効果が期待される成分です。

オート麦地上部エキス

イネ科のオート麦(カラスムギとも呼ばれる)の地上に出ている部分から抽出される成分です。オートミールやグラノーラの材料としてもよく知られています。中枢神経を刺激しストレスを減らす効果があるアベニンというたんぱく質を含んでいるため、神経強壮や回復に効果が期待される成分です。

セルロース

食物繊維から得られる水溶性高分子です。低刺激で皮膚への影響がありません。親水性や高粘性に優れているため、シャンプーの粘度調整剤として配合されることが多い成分です。また界面活性剤としての乳化作用、分散作用もあるのが特徴です。

ステアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムとパルミチン酸カルシウムの高級脂肪酸のカルシウム塩の低水溶性の混合物です。乳化作用もあり、粘度調整剤としても配合されることが多い成分です。少量で滑沢性が高いことも注目されています。

チャ抽出物

ツバキ科の茶の木の葉から抽出した成分で、カフェイン、プリン体はが尿酸に変化すつ過程で作られるキサンチン、タンニン、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸が含まれています。タンニンは特に抗酸化作用に優れた成分です。消臭効果や収斂作用、殺菌作用、抗炎症作用の効果も期待されています。

ヒアルロン酸

動物の体の部位(例えば鶏のトサカなど)から得る天然のものと微生物を発酵させて作られたものの2種類があり、強くはありませんが特異臭があります。どちらも皮膚の水分保持に特化しています。浸透作用も高いため、保湿剤として配合されることが多いのが特徴です。

L-ヒスチジン

魚介類や肉類、乳製品に多く含まれる必須アミノ酸です。髪の毛はケラチンというたんぱく質でできており、18種類のアミノ酸で構成されていますが、その18種類の中のひとつで育毛に関わる成分です。体内でヒスタミンに変化し、血管を拡張するため血流促進作用や脳細胞の死滅の抑制する作用もあります。また、脂肪の燃焼を促進する働きもあります。

L-プロリン

グルタミン酸からつくられた非必須アミノ酸です。コラーゲンの主要構成成分のひとつで、コラーゲンの合成を促進し、表皮の細胞を増加する働きがあり、美肌効果も期待されます。また脂肪燃焼作用もあり、皮下脂肪や内臓脂肪を減少させる効果もあります。

L-フェニルアラニン

脳内の神経伝達物質に作用する必須アミノ酸です。髪の毛の成分であるケラチンは18種類のアミノ酸で構成されており、その18種類のアミノ酸の中のひとつで、育毛に関わる成分です。血圧を上げる作用、鎮痛作用も期待されています。また白斑治療薬にも配合されています。

微粒酸化ケイ素

微粒二酸化ケイ素の簡略表記で、一般的にはシリカ、シリカゲルと呼ばれており、岩石や土、粘度を構成している元素のことです。人間の体内にも存在し、髪の毛の再生や健康な髪の毛を維持する効果が期待される成分です。

ビタミンC

化学名はアスコルビン酸と呼ばれる水溶性ビタミンです。コラーゲンの合成や生成を促進させます。強い抗酸化作用があり、抗菌性も期待されています。また毛母細胞の細胞分裂を助ける働きもあります。

ナイアシン

動物性食品の中に豊富に含まれている水溶性ビタミンで、ビタミンB群のひとつです。脂質や糖質、たんぱく質の代謝を促進する働きがあります。皮膚や粘膜を保護する作用、毛細血管を拡張する作用もあり、血流も良くなるため育毛につながる成分のひとつだといわれています。

ビタミンE

8種類に分けられる脂溶性のビタミンです。強い抗酸化作用があり、細胞膜の酸化を防ぎます。特にLDLコレステロールの酸化を抑え、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぐ働きや末梢血管を拡張して血行促進させる働きも期待されています。

パントテン酸Ca

パントイン酸とβ-アラニンという物質が結合した水溶性のビタミンで、ビタミンB群のひとつです。糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関与し、140種類以上の酵素の補酵素としてエネルギーへの転換を促進します。また善玉コレステロールの合成を助ける働きや髪の毛を健康な状態に導く働きもあります。ビタミンCと合わせて配合することで、相乗効果で免疫力が強くなります。

ビタミンB2

牛乳から発見されたリボフラビンと呼ばれる黄色い水溶性のビタミンです。糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進し、たんぱく質の合成にも関わるビタミンです。細胞の再生促進作用、健康な髪の毛を作る効果が期待される成分です。

ビタミンB1

豚肉に豊富に含まれている水溶性のビタミンで、チアミンと呼ばれています。糖質やアミノ酸を代謝する働きを補助する機能があります。

ビタミンB6

ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンの3種の化合物からできている水溶性ビタミンです。髪の毛は90%がケラチンというたんぱく質からできておりそのたんぱく質の代謝や再合成を助ける働きをします。

ビタミンA

脂溶性ビタミンでレチノールとカロテン類の総称です。粘膜保護作用、抗菌作用、感染症予防効果も期待される成分です。また、非常に高い抗酸化作用があることでも知られています。ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取することで抗酸化作用がさらにアップします。

葉酸

ほうれん草の葉から発見され、科学名はプテオイルグルタミン酸と呼ばれる水溶性ビタミンで、ビタミンB群のひとつです。細胞の新生や増殖を促進する働きがあります。またたんぱく質や核酸の合成も助け、ビタミンB12とともに赤血球のものと赤芽球を作り出す働きもあり、動脈硬化予防の働きも期待されます。ビタミンCは葉酸の働きを助ける作用があるので、ともに配合されることが多いのも特徴のひとつです。

ビタミンD

植物性のエルゴカルシフェロールと動物性のコレカルシフェロールがあり、脂溶性のビタミンのひとつです。魚介類やきのこ類に豊富に含まれている成分です。カルシウムとリンの腸での吸収を促進し、血中のカルシウム濃度を高める働きがあります。

ビタミンB12

微生物によって合成される水溶性ビタミンで、コバルトを含んでいるため暗赤色をしています。赤血球の生成を助け、血液を正常な状態に保つ働きがあります。神経細胞内の核酸やたんぱく質の合成を助ける機能があり、神経機能を正常に保ちます。葉酸とともに配合され連携して働きます。

 

チャップアップサプリの効果と副作用

上記の成分を見ていただければわかりますが「ステアリン酸カルシウム」以外の成分は全て身体に良いものです。さらに言えばステアリン酸カルシウム自体も医薬品錠剤にも使用されるほど安全性の高いものなので特に気にするものではありません。

効果

ノコギリヤシにより5a-リダクターゼの働きを阻害し、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの発生を阻止します。これにより薄毛・抜け毛の進行を防止したり遅らせる可能性があります。

一方発毛・育毛を期待できる成分としては食用酵母やマカ末の亜鉛が髪の成分であるケラチンタンパク質の合成を助けます。当然合成される際に必要なタンパク質(アミノ酸)も摂取する必要があり『L-ヒスチジン、L-プロリン、L-フェニルアラニン』などの必須アミノ酸がそれに当たります。

また毛を包んでいる毛包の縮小が抜け毛の原因であるとする説もあり、毛包は主にコラーゲンから出来ており必須アミノ酸のL-プロリンや、ビタミンCを摂取することでそれが縮小しないよう栄養素を届けます。

ここに挙げた以外の成分も毛髪の生成に関わっており、摂取しておくに越したことはないものばかりです。通常の食事でこれだけ多くの成分を余すことなく摂るのは難しく、育毛サプリメントだからこその配合で薄毛対策中の方には強い味方になります。

副作用

ノコギリヤシの成分は天然ヤシの抽出物で基本的に副作用はありませんが、非常に稀に以下のような症状が出る方がおられるようです。

  • 頭痛
  • 下痢
  • 腹痛
  • 眠気
  • 吐き気

大量に摂取しない限りこのような副作用はないと思われます。

 

髪の生成に不可欠な亜鉛にも副作用があり、厚労省では1日の摂取上限量(40mg)を定めておりこれを越えると以下の副作用が出る可能性があるとしています。

  • 腹痛
  • 貧血
  • 下痢
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 目まい
  • 抜け毛

亜鉛の過剰摂取は銅の吸収を妨げてしまいます。銅は必須ミネラルでヘモグロビン合成や脳・肝臓機能に大きく関わります。さらには鉄分と一緒に働く性質があるため銅が不足すると貧血を引き起こすのです。

ノコギリヤシ、亜鉛だけでなく過剰摂取すればどの成分も副作用を起こす事態になりますが、チャップアップサプリに配合されている量を摂る分ではその可能性は稀です。もしもチャップアップ以外でノコギリヤシ、亜鉛の単独のサプリを使用されている場合は摂取量をうまく調整すると良いでしょう。

 

チャップアップサプリの飲み方

栄養補助食品なので特に決まった飲み方はなく、食前でも食後でもOKです。

ただ、できれば吸収効率の高い食事直後に飲むのがいいでしょう。1日に2~4粒を目安にして1回に2粒を1日2回、あるいは3食後にそれぞれ1粒ずつでも問題ありません。1日に4粒までを守れば結構です。

では飲む時間帯ですが、これもいつでも良いです。個人的には成長ホルモンが大量に分泌される時間帯(入眠後3時間程度)を狙って飲んでおり、タイミングで言うと就寝の3時間ほど前です。

ただ、吸収された一部の栄養分は肝臓に蓄積されたり、細胞に行き渡り機能を果たすまでには数日ほどかかるとも言われているのでタイミングは気にする必要はなさそうです。

 

サプリメントをおすすめしたい方

  • 薄毛・抜け毛が気になる方
  • 手軽に育毛を始めたい方
  • 内服薬(薬)の使用は躊躇する方
  • 外用剤であまり実感できなかった方
  • 食生活・栄養不足が気になる方
  • 身体の内側からケアしたい方

先ほども言った通り、チャップアップはあくまでもサプリメントなので薬のようにすぐに効果が表われたり著しく変化を実感させるものではありません。

『普段の食生活の乱れから薄毛がきているかも・・・。』『病院に通ったり薬を使用するのは躊躇する。』と言う方がサプリメントの使用に向いています。既に市販の外用剤を使っていて気休め程度でもサプリメントを使用したい方にもおすすめです。

とにかく今まで育毛対策をしてこなかったので何か手軽に始めたい方もまず初めにチャップアップを使ってみるといいでしょう。

 

同じシリーズのチャップアップ育毛剤が厚生労働省に認められているほど高い品質の商品を作る会社のサプリメントですので、サプリ成分自体がしっかりしていることに間違いないです。

120錠あり、1本で3~6か月続けられるため長い期間を要する育毛用サプリメントとして申し分ありません。